スマートフォン解析

東京大学ナンパ講演動画プログラム レビュー

この記事の所要時間: 656

東京大学ナンパ講演動画プログラム


東京大学ナンパ講演動画プログラム

著者:佐藤エイチ
ジャンル:ナンパテクニック系
分量:1時間39分19秒、セミナーPDF54ページ


■今回の購入理由

ナンパスキル向上のため。


黒瀬翔の一刀両断!

>一刀両断

「これって、佐藤エイチ氏じゃなくても語れる内容だよね。。」by黒瀬

続いて、中身を見ていきたい。

Masters’eye ~詳細レビュー~




●ナンパをしたことがある人?彼女がいる人?

東大生って童貞だらけだろ?

と思ったのだが、意外とナンパ経験があったり
ナンパでセックス経験がある男性もいてびっくり。


●なぜリラックマの●●●●●

セミナー開始早々、あるモノが受講生の東大生にプレゼントされる。

これは、アポで使うとネタになるだけでなく、
女を安心させる効果があるのだと言う。


●5年で1200人斬り 佐藤エイチの経歴

この人数は正直ヤバい。

彼女の数、キープの数、群を抜いている。

正直渡しレベルが雑魚に思えてしまうほど。


●ハーバードナンパスクールの実績

塾生の実績が紹介される。

東大生の驚きの声が新鮮だが、
これが多くの日本人の偽らざる本音だろう。

私もナンパの魅力、可能性を再認識した。


●東大生には●●が多い!

データやそうなった理由も熱弁している。


●ナンパでゲット出来る女性

これも蒼々たるメンツの女をゲットしている。

実際にゲットした女の画像も公開されているのだが、
動画だとモザイク越しなのが残念なところ。


せめてもう少しモザイクが薄ければ・・・。


●ナンパの5つのメリット

これはよく語られることの多い定番のメリット。

それぞれ細かく解説されている。


●ナンパの4つのデメリット

これも基本的なこと。


●○○時に始めた方がより多くの経験が出来る

その通り。

○○時の方がナンパ成功率が高いのも事実。


●○○を始めたら恋愛に時間を割けない

これも、人にはよるがある程度そうなりがちだろう。


●ナンパ成功の5ステップ

ナンパの流れ解説。

即狙いのパターンだけなのが残念。


●ナンパ成功の方程式

個々のスキルを高めることで成功率を高めるイメージ。


●Step1:声かけ

声掛け内容や声を掛ける位置について。

また、右側、左側どちらから声を掛けるとNGか、
答えは●を●●●いない方ということを言っている。


地蔵克服のための方法や、
待ち合わせ女をナンパする方法についても。


●Step2:ルックス

服装は●●●感や●●●感が重要。

全般的にナンパでお薦めの服装であったり、
女のタイプの系統別解説も。


●Step3:連れ出し

状況説明の会話例や理由付け、
●●を限定して誘う方法など。

連れ出しのお薦めスポットについても
解説されており、いわゆるナンパ師御用達の
場所になるのだが、せっかくなら店名とかの解説も
あった方が親切だったと思うのだが。


●Step4:ギラツキ

ギラツキ、ボディタッチの手順解説。

“彼氏じゃないとセックスしないグダ”
“会ったばかりだからまだ早いグダ”
“エッチが嫌いだからセックスしたくないグダ”


等に対する切り返しトークに関しても。

合コンやネットナンパに対しての
ナンパの優位性も、図を用いて解説されている。

費用対効果や数を打てるかどうか等。

お薦めのレンタルルームについても
語っているが、音声が伏せられているのが残念。

なぜ、セミナー参加者は聞けて購入者は
聞けないのか・・・

理解がし難い話である。


●ナンパ・恋愛で成功する人と成功しない人の違い

これはマインド的な話も込み。

とにかく行動力が大事で、コミュニティーに入ることも大事。


●まとめ

これもよく言われる話だが、ナンパできる期間は
有限であることを佐藤氏が語っている。


●ハーバードナンパスクール講座

最後に、講座に関する内容紹介。

まあ、これは宣伝だね。


●質疑応答

最後に、質疑応答。


最後に、総括レビューになる。


Masters’eye ~総括レビュー~


佐藤氏の音声は聞いたことがあったのだが、
ちゃんとした教材の形で佐藤氏を拝見したのは初めて。

ナンパを講義形式で語る教材自体が割と
珍しい部類なので、なかなか新鮮なところはあった。

彼以外だと後藤孝規さんや女好きさん、岡田尚也さん、
鍵英之さん、藤田サトシさん、草加大介さんあたりが
ナンパ業界では有名であろうか。

と、数々ナンパに精通している人物はいるのだが、
その中でも佐藤エイチ氏は最も多くの女を抱いた
実力者であることは間違いないだろう。


だが、優秀なプレイヤー=名監督であるとは
限らないのは野球界でもナンパ界でも同じ。

今回の教材であるが、ナンパの魅力をあらゆる角度
から語ってくれているのっで、ナンパのモチベーションを
高めるためには十分と言えるかも知れない。

ゲットした女性の写真や体験談からナンパの魅力を語りつつ、
ナンパの流れや、連れ出し、ギラつきまで一通り語られている。

だが、私は難癖を付けたい。

まず、セミナーの中でも東大生に指摘されているように、
佐藤氏自身がイケメンなのだ。

これは、非常に残念。

イケメン=残念という短絡的な話ではない。

イケメンの彼が、「1日1回街に出て、声を掛ける相手を
厳選すれば1声掛けで1ゲット(1回のセックス)ができます」
と言われても、正直どうしようもないからである。


彼のようにイケメンならともかく、過半数の人間は
そんなこと不可能なのだから、教え方がまず問題。

その時点で、彼のようにできる人間は1割程度になるだろう。

イケメンが講師なのが悪いわけじゃない。

イケメンが教えるにしても、中身は誰でもできる
ナンパの方法にしないと、訴求対象が絞られるのだ。

彼が最初から絞っているならいいのだが、
そういうわけでもなさそうなので。

そして、もっと言おうか。

確かにナンパの魅力を語っているし、初心者向けに
連れ出しやゲットに向けての流れもしている。

カラオケに連れ出して、グダだった時の対処法なんかも
実際にナンパをしている人物だからこそ言える内容も多く、
これからナンパをしようという人には参考になるだろう。

だが、残念なのはそのレベルに留まっていることである。

ナンパを1ヶ月くらいやっている人であれば知っているような、
あるいはナンパの基礎知識ばかりが語られていて、
彼オリジナルのやり方に乏しいと言わざるを得ない。

あるグッズを持ち歩けという話、
彼が活用している連れ出し即ヤリスポット。

これらには独自性を感じたのだが、
即ヤリスポットに関してはピー音で
肝心な部分が消されている始末である。

結局、彼が主宰する高額塾。

ハーバードナンパスクールに塾生を導入したいから
作ったナンパ動画、という印象を拭い切れなかった感がある。

確かに初心者向け、という点ではナンパに関する
知識は6割~7割は抑えられている。


声掛け例がなかったのは残念にしても。

しかし、それって佐藤エイチさんじゃなくても
教えられる内容ですよね?というのが至極残念。

例えば同じナンパ商材でも、後藤孝規のナンパ教材の場合は
オリジナリティー溢れる声掛け内容が語られているのだが・・・。

1200人ゲットの男が教えるノウハウに、
少々期待し過ぎてしまったのかも知れない。

ナンパ入門としては決して悪いわけではないのだが・・・。

レビューは以上である。



コメントを残す

このページの先頭へ