スマートフォン解析

道端で見かけた可愛い女の子から声をかけさせるロックオン法! 実録動画付き <<出水聡の出会い量産法>> レビュー評価

この記事の所要時間: 834

道端で見かけた可愛い女の子から声をかけさせるロックオン法

道端で見かけた可愛い女の子から声をかけさせるロックオン法! 実録動画付き <<出水聡の出会い量産法>>

著者:出水聡
ジャンル:ナンパテクニック系
分量:PDF116ページ・動画86分


■今回の購入理由

従来のナンパテクニックではないものを吸収できることを期待して。



黒瀬翔の一刀両断!

一刀両断

「古典的なナンパ方法に思えたが決してそうではない。緻密に計画し再現するあたりは新鮮。」by黒瀬


続いて、中身を見ていきたい。

Masters’eye ~詳細レビュー~


■ロックオン法パターン1(2分06秒)



実践動画の1つ目。

駅構内で、女の前である仕掛けをして、
“女から逆ナンパを指せる”。


そして、色々理由を付けて番ゲをするという流れ。

これを見て思ったことなのだが、
出水聡のトークが少しチャラ過ぎるのではないか。

また、私服でナンパしているのだが、鞄などの
手荷物を持っていないのは正直どうかと。

怪しく見えてしまうのだ。

と思って見たのだが、何度か見返してみていると
これはこれで違和感がない気もしてきた。

鞄はあった方がいいと思うが。


■ロックオン法パターン2(15分11秒)



こちらも、同じ手法。

大学生をある手法でナンパして、
スターバックスらしきカフェに移動している。

そして、iPhoneのアプリで一緒に遊ぶシーンが流れている。


■ロックオン法パターン2(1分36秒)



今度は、雨の中でのナンパ。

この動画に出てくる女だが、読者モデルでいそうな
ルックスで、かなり可愛いんじゃないかと思う。

●●をしてもらったお礼にあるものを出水氏が
渡しているのだが、これはいい反応が得られるかは微妙。


いい反応のパターンもあると思うが、
逆に怪しまれて警戒されるリスクも大いにある。

渡すならもっと別のものでもいいのではないかと思った。


■ロックオン法パターン4(2分36秒)



今度は、旅行パンフレットを見ている女をナンパ。

またあるモノを落としてナンパしているのだが、
これを拾う女のリアクションが妙に速く、
指摘には多少不自然に感じた。


■ロックオン法パターン5(15分50秒)

on5

ん~、この動画に出てくる女の反応は結構リアル。

本を読んでいたところを、また同じ手法でナンパ。

出水氏のある依頼を断ろうとしているので。


■ロックオン法パターン6(15分50秒)



パターン6の動画の女は、なかなか警戒心が強い。

クール系の女だが、それでもカフェ連れ出しに成功している。


■セミナー編1(21分30秒)



ここから、解説のセミナー動画

まず、合コンの場合、どうやって女に追いかけさせるか。

これの解説、なかなか為になるね。

あるマイナスな言葉を投げかけることによって、
それを女に否定させ追わせるモードに突入させる。


女の前であるアクションをとって女に追わせる
ナンパ方法も、ある意味でこれの応用版と言える。

これを実現させるために必要なのが、
緊急性、重要性、限定性、ユーモア。

このあたりはよく考えられている印象。

これらを具体的にどう演じればいいか、
論理的に解説がされている。

こういった論理的な解説はいかにも(株)KABUTOと
いった感じで、本領発揮というところ。


■セミナー編2(25分23秒)



まず、イエスイエス法の説明がされている。

小さなイエスを重ねていくことで、
女にノーと言わせないやり方。


友人であったり名刺、プレゼントを駆使して
女に近づくやり方の解説も。

返信率はいい人で50%とのこと。

また、態度の重要性についても触れられている。

このナンパ方法では演技力が大事というのがあるのだが、
演技をしつつ、当たり前感を出すことで番ゲに繋げるのだ。

実際にやる動作の単純さに比例するかのように、
このあたりは緻密に考えられている。

特に、あるアイテムを使ってナンパするのだが、
そのあるアイテムが壊れたことをイメージさせるために、

「結構●●●しましたよね」

と発するセリフ。

これはかなり上手い。


続いて、教材付属特典についても触れておこう。


教材付属特典について


購入者特典

『ヤレる可愛い女の子の見極め方!』PDF

ヤレる女に共通することをどう見極めるか、について。


『可愛い女を落とす最大の武器』PDF

ほとんどの男が持っているあるものを利用するやり方。

これも、難しいことではない。


『飲み会で女の子の気持ちを5秒で根こそぎ掴む方法!』PDF

ロケットスタートを切りたい人向け。


恋愛マスター 出水聡率いる恋愛チームの直接『メール相談』3年間分

2万円(月間)×12か月×3年間=72万円

これが無料になるということなので活用すべき。

ただし、メールサポートの返事が滞りがちという
噂も聞くので、この辺りは過度な期待は禁物か。


恋愛マスター 出水聡の直接『電話相談』20分間

これもいい権利だと思う。

売込みがなければいいが・・・。


詳細レビューは以上となる。

では続いて、採点をしていきたい。


Masters’eye ~採点~


【再現性】★★★★★★★★★☆
実際に出水氏が試したのか?という疑惑は付きまとうが、
解説編で論理的に説明がなされており、再現はしやすそう。

【独創性】★★★★★★★★★☆
このやり方でのナンパ法は初見。

【価格妥当性】★★★★★★★☆☆☆
実際に実行するならば、価格に見合った価値はある。

【満足度】★★★★★★★☆☆☆
新たな発見があった点を評価。

【総合評価】★★★★★★★☆☆☆
教材としては、一定以上の価値がある。


最後に、最終結論になる。


Masters’eye ~最終結論~


この教材はいわゆるナンパ上達のための教材では
ないので、まずそこは勘違いしてはいけない。


ナンパとしては、裏技ナンパの部類に入る。

ナンパ初心者も熟練者も取り組めるやり方で、
一時的なノウハウではなくこの先もずっと
使えるテクニックではないかと思う。

ただし、最低限必要なものがある。

それは、演技力と多少の強引性

ある演技をし、緊急性や重要性を演出した上で
女に追いかけさせる必要があるので、
ここで怪しさを醸し出してはいけない。

怪しく感じられてしまったとしてもそれを
強引に乗り切る力量が必要。

まあ、演技力がなくても成功はすると思うが、
成功率は間違いなく変わってくるだろう。

イケメンではないフツメン、ブサメンでもこのやり方なら
そこまで差はつかないかも知れない。


返信率は変わってくると思うが。


また、この実践動画の信憑性に関して。

どうしても、ヤラセではないのかという疑惑が付きまとう。

こればかりは確信はもてないのだが、
特に1つ目の動画などどこかに不自然さを感じたのだが・・・。

他にも、旅行パンフレットを見ている女の
反応の機敏さなどを見ても、あらかじめ台本が
あったのでは?と思ってしまった。

とは言え、他の動画では妙にリアリティーがある
場面もあったので、確証はできない。

ただ、これがもしヤラセ動画であったとしても、
このナンパテクニックは使えないかと言うと
そんなことはないと思う。

数多くの女にアプローチすることで、
普通のナンパよりは番ゲ率がよくなりそう。

返信率は普通のナンパよりも劣ってしまうと思うので、
あくまで母数を増やしたい場合にいいだろうか。

また、間接系のナンパ方法なので、
普段はゲットできないようなスト高から
番ゲすることもできるだろう。


さらに、このナンパ方法を別の観点から。

どちらかと言うと古典的な作戦と言えなくもないが、
岡田尚也のナンパ動画にある、「この財布落としませんでしたか?」
とやるナンパ方法と比べれば遥かにこちらの方がいい。


私も機会があれば試してみたいと思った、
そんなやり方と言える。

言わば、女に考える隙を与えずに、緊急性で
混乱させこちらに従わせるような、詐欺師的な
心理テクニックの要素が入っていると言える。

最初は、「何バカなこと言ってるんだ出水聡は」と
思ったのだが、実は噛めば噛むほど味が出る、
そんな内容だと、彼の解説を聞きながらそう思った。

ホワイトボードを使ったレクチャー講義、
これだけでも知的に見えてくるから不思議。

ちなみに、この教材はどちらかと言うと裏街道的
ナンパテクニックになるのだが、王道ナンパ動画で
一からナンパを学びたい場合は、別の教材をお薦めする。

だからおまえはモテないんだ、ヤれ!~ナンパ実録映像
それに当たるので、ニーズに合わせて選んでみるのもいいだろう。


最後に、気になる点数について。

79点としたい。


ストレートなナンパに飽き足らず、あらゆるナンパを実践したい人、
番ゲを量産したい人、直接法のナンパが苦手な人。

これらの人がターゲットか。


レビューは以上となる。

最後に私から、超豪華特典に関して。



さらに私からも、超豪華特典を用意しています





下記リンクから購入された方には、
オリジナル超豪華特典をプレゼント。


道端で見かけた可愛い女の子から声をかけさせるロックオン法! 実録動画付き <<出水聡の出会い量産法>>特典付きリンクはこちら(※販売終了)

恋愛マスター豪華特典はこちら




コメントを残す

このページの先頭へ