スマートフォン解析

【特典付レビュー】 佐山夏生のビューティー&ビースト 作者佐山夏生

この記事の所要時間: 1049


今回は、

佐山夏生のビューティー&ビースト

著者:佐山夏生
価格:セールスレターにて(今後値上がりの可能性があるので)
内容:パワーポイント動画&セミナー音声 合計約242分

こちらをレビューしていく。
新発売の商材だけあって、私もレビューに気合いが入る。

佐山夏生氏が、島さんという男性の恋愛コンサルを
行い、2か月で理想の彼女を作らせた方法


佐山氏は、ナンパ商材では知ってる人も
いるであろう、片本秦賀さんの師匠とのこと。

佐山氏に直接コンサルを受けた島さんは、
医療系メーカーに勤める冴えない中年といった印象。

セールスレターに彼の動画が貼り付けてあるが、
彼女いない歴12年というのも素直にうなづける。

今回の恋愛教材であるが、形式としては、
その島さんをモテる男に成長させ、ファッションモデルを
ゲットさせた方法、というより、佐山氏の恋愛講座かな。

セールスレター内で東●のモデル彼女ゲットと
書いてあり動画もあったが、これはどうだろう。

正直、半信半疑だと思った。

では、まずは目次から。


~目次~

■ご利用ガイド(PDF6ページ)

■はじめに(動画2分40秒)

■mission1(動画17分55秒)

■mission2(動画37分25秒)

■mission3(動画42分57秒)

■mission4(動画54分19秒)

■mission5(動画30分1秒)

■mission6(動画18分22秒)

■mission7(動画17分2秒)

■終わりに(動画2分18秒)

■セミナー音声(音声21分4秒)

※動画は、パワーポイントによる動画



↑実際の商材のオープニング画面

続いて、細かく内容をレビューしていく。


■はじめに(動画2分40秒)

これからの章の解説。

また、島さんが、佐山氏と出会った時どういった
男性だったのかの説明。

いかにダメ男だったか分かる内容である。

この章は前置きのようなもの。


■mission1 
2か月という制約の中で立てた戦略的な恋愛活性化計画


この章から、島さんが変えた佐山氏の恋愛ミッション。

最初に●●●を決め、行動していくことの大切さ。

言っていることは当たり前のことなので、
いわばマインドとも言える回。

可愛い彼女を作ることをイメージをし、
それを●●●●●●●●ことの重要性


そして、私も大好きなナポレオン・ヒルの名言も
引っ張り出し、戦略的な計画を語っている。

また、佐山氏の話を聞いていて、ワタミの社長・渡邊美樹氏の
よく話す話を思い描いた。

島さんに関しての解説も。

島さんもできた内容だから、あなたもできる、とのこと。


■mission2(動画37分25秒)
野獣のような見てくれを改善し、外見的にも内面的にも
最も効果的な自己演出力とは?


mission1を踏まえて、何に取り組んでいけばいいか。

まず必要なのは、●●●を改善すること。

●●●というのは初対面の女性から必ず見られる部分
なので、絶対に改善をしていかないといけない、とのこと


これは確かにその通り。

当たり前の話ではあるが、
モテない男性ほどおろそかになりがち。

イケメンでなくとも大丈夫、ブサメンは整形をする前に
やることが沢山ある、という趣旨のことを語っていると理解できた。

ブサメンや自分のルックスに劣等感を抱いている人は、
マインドセットという部分では聴いておくべき内容かと思う。

島さんが自分好みの女をゲットしたのも、
●●●を改善したからとのこと。

確かに、それはセールスレターを見ても明らか。

また、島さんの場合、どう佐山さんにコーディネート
されて変わっていったか解説されている。

自信がない人は特に、「島さんでも変われたのだから」と
イメージが湧きやすいかも知れない。


■mission3(動画42分57秒)
出会いを量産し、美しい女性のターゲットを
常に満タンにしながら好きな女性に接近する


まず、なぜ出会いを増やす必要があるのか?の解説。

そして、モテる男がとっている思考・行動。

次に、出会える環境(チャンネル)について。

これは私もメルマガ内で語ってきた出会いの場と
一緒であるが、出会いがないと悩む男性ほど盲点かも。

●●教室、●●教室というのは特に、
いいという話は私もよく聞く


ただ取り組む時間はなさそう、
まあ土日ならあるかも知れない。

また、出会いの場に「●●●」を求めない男性が多いとのこと。

確かに、現代は勝ち組・負け組がはっきりしているような
気もするので、こういった草食系(とあえて言っておく)男子が
多いように思う。


他には、出会いの場でのあるべきマインドと姿勢。

連絡先をゲットすることを独特の言い回しで
佐山氏が表現しているところが面白いと思った。

出会いをどうやって増やしていくかも解説されている。

特段驚きの内容ではないが、
これもまた、出会いがないと嘆く男性は
知っておくべき考え方と言える。


■mission4(動画54分19秒)
友達から恋人候補へ最速で発展させ、
文字が伝える限界を超えるメール術


まず、知り合った女性から次の出会いへとつなげたい場合、
知り合った女性とは2週間以内に●●●をせよ、とのこと。

これはまあ、妥当なところ。

何事も機を逃してはダメ。

色々熱弁されているが、全体的に結構当たり前のことだと思った。

また、●●●を開催するための誘い方、メールの打ち方。

これは正直、私の方がうまい(笑)

というわけで、また機会があればメルマガ内で紹介する。

ただ、文中に「キラートピック」を入れるというのは
具体例が示されていて参考になった。


次に、知り合った女性と一気に親密になるメール方法。

ファーストメールの打ち方、よい例、NGメール例。

また、食事の誘い方については、
文中に「●●●ワード」を入れろ、とのこと。

これはまさにその通り。

女というのは警戒心がある生き物でもあるので、
こういった誘い方は効果的であるし、私も
常に実践するようにはしている。

あとは、女の●●●●●●●●●を把握し、
メールを送るようにしろ、ということ。

これはそうだな~、KYなタイミングでメールを
送るな、察しろ、と要約することができるかな。


最後に、女が反応が悪い時に送る「●●●●メール」に関して。

これは、私も似たやり方は使っているが、
佐山氏の場合はもっと長文。

女の●●に訴えかける方法でもあるので、
返信がくる確率は実際に上がるだろう。

メールが苦手、女の反応が悪いとすぐに諦めて
しまう男性は参考になるだろう。


■mission5(動画30分1秒)
恋人候補としての期待感を高め、
心身共にウエットにさせる魅力的な会話方法


ここからは、実際のデート編

会話が苦手な場合、どうやって克服したらいいか。

「何を話すか」に我々焦点を合わせがちではあるが、
「何を話すか」に必死にならなくても話題が尽きない
ような場所に連れて行く

こういったことが語られている。

これは非常にいい視点

次に、会話の基本形。

●●、●●●、●●が大事らしい。

これはまあ、恋愛に限らず同性同士の会話でも
重要、というか至極当たり前のことだね。

体験談、というより一般論を語っているような
感じは抱いた。

他には、女が会話に求める目的や、
そこから見られる女の習性。

このあたりもごく普通の一般論。

沈黙になった時の対処法も語られているが、
取り上げられている話題自体は悪くはないが、
もっと幅広く話題というのはあるように感じた。

他には、会話で相手に「●●●●」を与えると
いいと語られている。

これはそうだな~、これだけでは微妙かも知れない。

いじったり、感情を動かす必要があるので。

最後に、デートは「●●」を心掛けろとのこと。

これも普通の話かな。


■mission6(動画18分22秒)
●回目のデートで、ベッドインへ誘い、
身も心もうばうスペシャルテクニック


まず、この●回という回数であるが・・・
これ、普通すぎるという印象。

ここから色々語られてるのだが、
一般論が目に付く


ベッドインへ誘うための手順が語られているが、
ここも一般論というか、どこかで聞いた話というか。

もっと、実体験とかを具体的なテクニックを
交えながら話して欲しい、と思ったのは私だけだろうか?


■mission7(動画17分2秒)
ベッドインした女性と一夜限りではなく、
強い信頼関係で結ばれた本物の恋人関係を構築する方法


深い関係になった時の女性の心理に関して。

不安を与えて、不安を消す。

感情を動かせということなのだが、
その具体例が語られていない。

これでは、実際にモテない男性がどうやっていけば
いいか、というのがイメージできないのではないかと思った。

また、ベッドイン後、次のデートでの
行動に関しては少し疑問に思った。

これは否定するわけではないが、
佐山氏の好みもあるのかなと。



■終わりに(動画2分18秒)

最後に購入者へのメッセージ。


■セミナー音声(音声21分4秒)

前半部分に話されているのは、mission5で
話されている内容と基本的に同じと感じた。

後半部分では、実体験に関して。

合コンで知り合った美女をどう落としていったか。


内容の詳細レビューはココまで。

では、総合レビューへと移ろう。


【Master’s eye~総合レビュー~】

全体的に、実体験がもっと聞きたかった

残念ながら、この方からモテる人間のオーラや
人間味、凄さは伝わってこなかった


台本に書かれたセリフを雄弁に語っている、
そんな印象を抱いたのは事実だ。

最も、こういった印象を抱くかどうかは
万人によって違うということは付け加えておく。

また、動画の前半チャプター部分では、
マインドとか考え方、取り組み方を淡々と語っている。

それ故、中後半部分のチャプターの内容、
具体性に興味を惹かれた部分はあった。

ところがどっこい。

後半も同じテンション、同じようなテイストで
淡々と語られているため、「実体験」、「実像」が見えてこないのだ。

また、それによって、島さんがモテた全体像は想像できても、
具体的に何をどうやってモテていったのか、
行動したのかがイメージできにくい。

以上、作者の佐山氏には多少厳しめのレビューになったかも
知れないが、期待値の分、本音を書かせていただいた。

同じ恋愛モノなら、有名な商材になるが、
女性との会話やデートでの接し方、
それらを詳しく後藤氏が解説してくれる
アドバンス・コミュニケーションの方が遥かにレベルが高いと言える。

では、採点に移る。


【Master’s eye~採点~】

【対象者】
恋愛中・上級者よりも断然初心者が対象となる。

【再現性】★★★★★★★★
(基本的な、一般的な内容なので実行しやすい)
【ボリューム】★★★★★★★★
(ボリューム自体は多い部類)
【独創性】★★★★★★
(セールスレターでは個性的に感じたが、実際の中身は平凡の域を出ず)
【価格バランス】★★★★★★
(内容は疑問符を付けたが、価格は高くないためこの点数)
【総合評価】 ★★★★★
(恋愛商材買ったことない人は★6つでもギリ許せるか)

採点は以上。

点数は、50点とする。

島さんがどう変化していくのか、
島さんの動画が見られるのでは?

と思っている人は、買わない方がいい。

全編を通して、佐山氏の恋愛論が語られている。

ダメな商材、というわけではないが
実体験が乏しいため、初心者向け。

あとの判断は、各自レビューを読み返して決めて欲しい。


佐山夏生のビューティー&ビーストはこちら(特典付きリンク)

恋愛マスター超豪華特典はこちら



コメントを残す

このページの先頭へ