スマートフォン解析

女の服装から読み取れる食いつき判定法とは?

この記事の所要時間: 22


実は、女とその日のうちにセックスできるかどうかは、実はその日の服装から読み取れる場合が90%。

そういった事実に気付いて欲しい。

例えば、最初の出会いが合コンだったとしよう。

合コンなのにジーンズで来るような女は、同性から「女を捨てているのか」と思われても無理はない。

あるいは、出会いの場に慣れていないか、何らかの警戒心からか硬いかいずれかであろう。

大抵はスカートであったりワンピース、女を意識づける可愛らしい服装で来るもの。

なぜなら、その方が男の目を引くし、男性から魅力的に思われやすいし、何よりやる気ないと思われずに済む。

まあ、そこまではいい。

そこをクリアして、無事にアポに取り付けたとしよう。

女は、今日はどんな服装で行こうかと、その日のテンションや相手によって変えてくる。

当然、この人と親密になりたい!と思った相手に大しては、服装も大胆になったり露出が多くなるもの。

にも関わらず、

1回目→スカートやニーハイ、タイツ
2回目→ジーンズ


であった場合は注意。

1回目からジーンズの場合は論外。(例外もないわけではないが稀であろう)

女の好感度はそこまで高くない、あるいは警戒心があると考えていいだろう。

一回目が普通のスカートで、2回目がロングスカートの場合も同様の場合もあるが、これは一概には言えないかも知れないが。

とにかく、2回目がジーンズなどのパンツになっている場合は、その日のゲットはかなり困難と言うべきだろう。

女が最初から心に予防線を張っているため、早く帰られたり、こちらのペースでいけない場合も多い。

いくらトークを頑張ったとしても、なかなか逆転は難しく、やはり最初の女のテンションを上げることが大事なのだ。

そのためにどうすればいいかと言うと、最初の印象を強めておいたり、相手に期待を持たせた状態でアポまでもっていくのが鉄則。

意識して欲しい。

ちなみにだが、会ってみると意外に露出が多い恰好や、スカートや短パン、ニーハイ、タイツで現れた、という場合もあるだろう。

最初は、そこまで好意はなさそうだと思っていたら女がやる気満々の恰好で、ということがたまにある。

この場合は、言わずもがなセックスチャンスである。

以上のことを意識して欲しい。


コメントを残す

このページの先頭へ