スマートフォン解析

恋愛初心者に贈る!初デートでの黒瀬オススメプラントは?

この記事の所要時間: 24



デートでは、女性のテンションがあがるであろうプランを考えてみてほしい。

毎回じゃなくてもいい。遠足は毎日だったら、刺激に慣れ楽しさも半減する。5回に1回、デザートデートをおすすめする。

①映画

王道といえば王道。

問題は、席。

プラチナシートという少し割高な席があるのはご存知だろうか。

一般席は大人なら1800×2枚で3600円だが、プラチナは2500×2で5000円。

新宿には5000×2で二人で1万円もある。

隔離されたシートで寄り添いながらゆったりとノンストレスで映画を楽しむのはお勧めだ。


②クルーザー

一人500円で豊洲からお台場海浜公園までを10分かけて渡るクルージングサービスも、テンションが上がるコースだ。

普段、クルージングなど庶民にはなかなか手が出せないが、価格も安いしデートにはもってこい。海からの景色を楽しめて気分転換にもなるしまさに一石二鳥プランである。


③散歩

海岸を歩くもよし、緑のある場所を歩くもよし、神社を歩くもよし。

普段歩かないエリアを散歩しながらの会話も、より親密になれる機会である。

私のおすすめは、例えば明治神宮。

緑が多く、新鮮な空気が吸えるし清正の井戸という有名なパワースポットもある。

新鮮な空気を吸うと心身ともに活力がみなぎる。

ただいちゃいちゃするのなんて、いつでもどこでもできる。

カップルならば(笑) 

敢えて、お互いにエネルギーを充電できるようなデートをする回があってもいいかとは思う。


まとめ

デートプランを考えるときは、笑顔になっている彼女の顔をイメージしながら考えることが重要。

毎回じゃなくていい。

自分が提案し遂行し楽しんだデートの次のデートプランを敢えて「次、何か考えてほしいな」と彼女に提案してもらうのも全然OK。

デートは、記憶に残り心身ともに元気になれるものであってほしい。

補足として、デート中、男性は徹底して彼女に紳士であることを忘れないでほしい。

段差のあるとこは手を貸す肩を貸すとか、エレベーターは前後に立つとか、車道側を歩かせないとか、ドアは先に開けて待つとか、椅子を引いてあげるとか。

これを、良く思われたいという意識ではなく、当たり前にやれる男であってほしい。

以上、参考になれば幸いである。


コメントを残す

このページの先頭へ