スマートフォン解析

ボディタッチの障壁を排除する方法

この記事の所要時間: 147



ボディタッチ、スキンシップ

この2つは基本的に同じものだと思って欲しい。

そのボディタッチについて軽く触れておくと、
まず、女のボディタッチとしてよくあるのだが、
こちらが冗談を言った時に肩を叩いてくるタッチ。

その時点で脈あり、と判断する人もいると思うが、
それは早計というもの。

だが、確実に言えることがある。

恋愛対象として見られている可能性は比較的高く、
少なくとも人間として好かれているのは確実と言うこと。


なので、相手の口数が例え少なかったとしても、
食いつきはあると思っておいて間違いはないだろう。

口数が少ないのは人見知りだったり、
まだそこまで心を開いていない可能性もある。

なので、距離を縮められるように積極的に話し、
相手に話題を振って、仲良くなれるように努力をすべき。

これが、相手からボディタッチがあった時の対応方法、
持つべきマインドなのだが、逆の場合はどうか。

つまり、こちらがボディタッチをする場合


この場合も同じようにやればいいのだが、
ありがちな失敗例をひとつ出しておこう。

それが、個室選びにおけるリサーチ不足

例えば、カラオケ店に行ったとして、
部屋がやたら広い部屋に通されたとしよう。

すると、対面席になってしまい、相手に触れようにも
距離が遠くてままなららないだろう。

「遠いからこっちおいでよ」
「一緒に曲選んでよ」


と言って来させることはできると思うが、
モテない男性ほどその一言がなかなか言えないもの。

この場合は対策は簡単。

あらかじめ、小さめの部屋に通してもらうのだ。

それには、事前に交渉をしておくか、
そういった店舗を選ぶのがいい。

例えば、カラオケの鉄人だと経験的に、広い部屋に
通されることが多いので注意が必要。

最初から隣同士になれる環境を作る

これこそがボディタッチを成功させる上で
確率を上げるのに最適だと言える。

参考にして欲しい。

コメントを残す

このページの先頭へ