スマートフォン解析

酒、または質問で女を酔わせる方法

この記事の所要時間: 252


我々男は、常に女を抱くことを考えている。

女と会っている時などは、リピドーというものが働くのだろう。

さて、ファーストフードのようなスピードで女を抱きたいという時、どんなやり方をすればいいか?

であるのだが、2通りの方法がある。

●酒で女を酔わせる
●トークで女を酔わせる(麻痺させる)


要は、モノを使うか言葉を使うかということ。

酒で酔わせたい場合だが、どんな酒がいいか、それ以前に覚えておいてほしいことがある。

それは、「居酒屋の酒を覚えておくこと」。

今から行く居酒屋、デートで使う予定の居酒屋にあるメニュー、ドリンクを知らないようでは話にならない。

ストリートナンパで連れ出して適当な店に入るならともかく、あらかじめ決めた店に行く場合。

徹底的に調べないのは明らかなリサーチ不足。

今だとスマホの地図アプリで実際に歩いてみて、デートの時迷わないように対策を打てればいい。

そして、インターネットで調べて個室かどうか、照明はどうか。
ドリンクメニューはどうなっているか。

チェックして欲しい。

例えば、梅酒が100種類あったりだとかワイン系の酒が充実している店など。

特色があった方がいいと言うわけ。

ただ、女はお酒よりも食べ物に興味を惹かれる生き物なので、店を選ぶ時はその点も考慮して選ぶべき。

そして、酒で酔わせたい場合。

1杯目はビールで、3杯目くらいから焼酎で、とか適当な考えではダメ過ぎる。

どういった酒が女に効力を発揮するか、つまりアルコール濃度が高いかくらいは事前に調べておいてしかるべきである。

酒に弱い女こそうまい具合に飲ませるべきなのだが、そもそもガンガン飲むモードにならせた時点で半分は勝ちと言ってもいいのだ。

女もその気になっている証拠だから。

次に、トークで酔わせる方法を見てみよう。

こっちは、酒を使ってもいいし使わなくてもいい。

使わない、というのはシチュエーションによっては酒がない店(カフェなど)の場合もあるからだ。

で、その場合。

ここではやはり、トーク力がモノを言うことになる。

だが、だからと言って昔のツービートや紳助竜介のようなマシンガントークをしろと言っても無理がある。

あれは難しい。

であれば、こちらからトークを仕掛けなくてもいい。

相手に喋らせればいいのだ。
相手がどんどん喋って止まらなくなるくらい。

そのために何が必要か?

と言えばこれは質問力になる。

スポーツで優勝者にインタビューする際でもそう。
徹子の部屋で徹子がする質問もそう。

いい質問だからこそ場が盛り上がり、相手は話したくなってくるのだ。

聞き手が悪ければ、そうはならない。

話し手も自分の話に酔えないというわけ。

とにかく、最初は創意工夫をして欲しい。

女を口説き落とすために、酒を覚えるか。

それとも質問を覚えるか。

それさえできれば、関係ない。

会ってから何時間経っていようと、数十分しか経ってなかろうと、女はあなたを求めてくるだろう。

メスとなって、ダイソンの掃除機かのような吸引力で。

最終的には、求められる男になって欲しい。

以上、参考になれば幸いである。

コメントを残す

このページの先頭へ