スマートフォン解析

出会い系のネカマを見破る方法

この記事の所要時間: 330


出会い系サイトをやっていると、遭遇率が非常に高いのがネカマ。

または、ハッピーメール系の出会いアプリの場合は援助交際目的の女も多く、お金の話を持ちかけられるケースもよくある。

とは言え、このブログの読者としては、なるべく最小限の費用しかかけずに、出会いを増やしたいと思っていることであろう。

犯罪につながるようなお金を払っての回春ではなく。

では、どうやれば女に扮した男=ネカマであったり業者を見破れるのか?

ポイントを書いていこう。

ネカマの特徴1 顔写真がやたらと可愛い

ネカマの特徴として、LINEとかのプロフィール写真に自撮りの写真を掲載しているケースが非常に多い。

アップの写真であり、芸能人でも通用するようなルックス。

冷静に考えてみて欲しい。

そのレベルの女があなたに食いついてくるかどうか。
答えはおそらくNOではないだろうか。


街を歩いていて、芸能人にナンパされるようなもの。

桐谷美玲や石原さとみクラスが、声を掛けてくるか?
そんなはずはないのである。

拾い画像であるケースも非常に多いのだが、そうした写真が載せられている場合は警戒した方がいいだろう。

逆に、友達と複数人で写っている写真がある場合などは信憑性が高いと言える。


ネカマの特徴2 やたらとシモネタを振ってくる

やたらと食いついてくるのもそうなのだが、女の方から初期段階で下ネタに誘導してくるケースがあり、これは要注意。

これも普通に考えて欲しい。

いくらネットだからって、最初からエロ系の話をしてくる女なんてそうそういるもんじゃない。

大抵は男の方からそういった話を持ち出して女が乗ってくるし、よっぽど食いつきがある場合に限られるものだ。

「ここに登録してくれたら私とエッチな会話ができるよ」と言って有料のチャットへと誘導してくる業者もいるので注意したいところ。


ネカマの特徴3 会おうとしない

3つ目の特徴としてよく見受けられるのが、会おうとしない女。

やたらと食いつきがあったりレスは早いものの、こちらから誘っても理由をつけて断られる。かわされる。

それも何度も。

「今月は忙しいけど来月なら」という言葉を真に受け、来月になってデートに誘うものの、また色々と理由をつけられて会うことができない、そんなのはよくあるのだ。

これも、考えてもみて欲しい。

あなたに興味を持っている女が、あなたとのアポをそこまで先延ばしするのかどうか。

もちろん、可愛い女、ハイスペックの女であればあるほど色んな男が集まるがゆえ、あなたの優先順位も下げられてしまう可能性はあるが、それでもだ。

会えないということは通常の場合はありえないのだ。

その違和感に気づいて欲しい。

以上がネカマを見破るための方法であるが、次に、どういった場所であればネカマに遭遇しにくいかを解説しておきたい。


真剣度の高い婚活サイト一択

リアルの出会いではなくネットの出会いを選択するならば、やはり婚活サイトが間違いがない。

なぜなら、本人確認書類を提出している女が多いから。

それに、婚活意識の強い真面目な男性(遊び目的ではない)の方がネカマにとっては旨味が少ない。

軽いノリで、「ここに登録して~」というやり取りが通用しにくいからだ。

よってネカマもほとんどいないと言うことができる。

・ブライダルネット
・ユーブライド


など婚活サイトは鉄板と言える。

ペアーズやOmiai、マッチブックはネカマや業者もいることはいるが、それでも出会い系なんかと比べると圧倒的に少ない。

このあたりも狙い目と言える。

大事なのは、サイト内やLINEでメッセージ交換を置こうなうことではなく、その先、会うことにあるはずなのだ。

会うためにどうすればいいか、くだらないやり取りに時間を使うのではなく上手に分母も増やす。

脳みそフル回転でやっていってもらえればと思う。

以上、参考になれば幸いである。


コメントを残す

このページの先頭へ