スマートフォン解析

非モテにおすすめ!ライバル男の少ない独占市場とは?

この記事の所要時間: 316


とにかく彼女が欲しい。

という男性は非常に多いと思う。

だが、イケメンでもなければ身長が高いわけでもない、会話が特別上手いわけでもなければ大企業勤めのエリートでもない。

冴えない30代、40代のおっさんであっても彼女がほしい、でもできない、出会いがないという人のために突破口をお教えしたいと思う。

狙い目1.シングルマザー

まずは、シングルマザー

好き嫌いはあるだろうが、事実としてシングルマザーは他の一般女性と比べると攻略難度が下がる。

なぜか?

考えればすぐ分かることではあるが、シングルマザーとなるともれなく子供もついてくる。

子供が特に好きであったり、富裕層であればいいかもしれないが、子育てや養育費の問題というのはついてくるのだ。

中には養育費を元旦那に支払ってもらっている女もいるが。

また、一度結婚に失敗した女ということで、気が引ける男性も多いだろう。

女側にも何らかの落ち度があるケースも往々にしてあるのだから。

そうした理由から、婚活市場や恋愛市場ではシングルマザーは避けられやすい傾向にある。

離婚歴のある女性でもいい、という男性は7割くらいいるのかもしれないが、子持ちでもいいという男性はおそらく2割前後になるのではないだろうか。

だからこそ、ライバルの少ないブルーオーシャンであると言える。

と言っても、20代で美人のシングルマザーになればなるほど、ライバルもそれなりにいるのが世の常というものではあるが、そうは言えども結婚歴なしの女と比べると圧倒的にライバルが少ないことは間違いないのだ。


狙い目2.アラフォー、アラフィフ

当然のことながら女の年齢が上がれば上がるほど攻略難易度は下がる。

なぜか?

これも簡単で、まず見た目の劣化が上げられるだろう。

「若い頃相当モテたんだろうな」
「もう少し若ければな~」


と30代や40代女性を見て思った経験、あなたもないだろうか?

ある程度のルックスを備えた女であったとしても、年齢を重ねれば重ねるほど若い女には敵わくなっていくのだ。

年齢的には35歳くらいがその境目であるだろうし、40歳前後の女であればもっと需要は少なくなる。

見た目だけではない。

子供を産みにくくなるという問題がどうしてもつきまとってくるので、30大中盤以降の女性は男性ライバルが少なくなりやすいのだ。


狙い目3.地方在住の女

次に、忘れてはならないのが地方在住の女である。

地方というのは女性も男性もそこまで多くないが、男性の場合は都会に出ていく人の割合がより多くなるため、女余りという状況が起こっているケースが多い。

そうした女は、都会に出会いを求めに出てきたりするものだ。

そうなると、どうなるか。

都会に住んでいる女と比べ、婚活パーティーに参加できる機会も少なければ、都会の男と婚活サイトで知り合って頻繁に会うのもなかなか難しいという女も多い。

つまりは、出会い数が少ない傾向にあるのだ。

つまりは、ライバルも少ない。

地方に住んでいる女よりも近くの女性と恋愛がしたいと考えている男は多く、中にはもちろん地方の女狙い、地方の女も恋愛対象という男性もいるにはいるが割合としては少ないと言えるのが大きい。


まとめ

年齢、結婚歴、住まい、これに容姿(ぽっちゃり、太っているなど)も加えるとライバルの少ない女性というのをあぶり出すことができる。

とにかく若い女がいい、外見の可愛い人がいいというならともかく、とにかく内面重視であったり、誰でもいいから気が合えば結婚したいという願望が強いのだとしたら、こうした弱者の戦略も一考としてもっておくことをお勧めしたいと思う。

以上、参考になれば幸いである。

コメントを残す

このページの先頭へ