スマートフォン解析

ナンパ商材よりも案外手っ取り早い方法

この記事の所要時間: 22

nanpanchi

ナンパができるようになりたい-。

そう考えている人は全国に何万人、いや何十万人といるのではないか。


街中で、バーで、どこかの店内で、見知らぬ人に声を掛けるというのは
勇気がいるし、ある日突然理由もなくやれるものではないからだ。

ほとんどの人間は、「あの子可愛いな~」で終わってしまう。

だが、行動ひとつなのだ。

合コンで出会った女やパーティーで出会った女に、元カレとは
どうやって出会ったのか聞く機会がよくある。

そういった時に、意外といるのがナンパ。

バーでナンパされたとか、店で客から声を掛けれたとか。


ナンパがきっかけで結婚というのも枚挙にいとまがないだろう。

チャンスは常に、掴むべきなのだ。


例えば、店員ナンパ。

饒舌でもないし声掛けなんてまともにできない・・・
と思っているならいい方法がある。

例えば、どこかの店で商品を買うとする。

その時に、「領収証をください」と一言言うのだ。

そして、あて名はどうしますか?と聞かれるので、
その際に名刺をスッと差し出す。

そして、「これでお願いします」と言った後に、付け加えよう。


「あっ、それもらっといてください。
 よかったら連絡くださいね」


とやるのだ。

まさしく、スマート。

いわゆるナンパっぽいナンパではないので、
誰でも実践しやすいしいやらしさもない。


成功するかどうかは時の運と言えるのだが、
店員で可愛いな、タイプだなと思う女性がいたらやってみて欲しい。

チャンスはどこにあるか分からない。


また、ナンパをしたいと普段から思っているなら、
ナンパ商材を購入して勉強をするのもいいだろう。

ナンパ商材でも今は実践動画を含んだものも多いので、
そうしたものは特に為になるかと思う。


ただし・・・

ナンパ商材の動画を見てもなかなか実践しない人も多いだろう。

そう、実践するには行動力やスピードが大事なのだ。


なので、そこら辺に自信がない場合は教材に頼るのではなく、
ナンパ講習会に参加してみてもいいだろう。

1回の料金が2、3万円かかるかも知れないが、
それで一生使えるスキルを学べると思えば安い授業料。

チャレンジしてみて欲しい。


コメントを残す

このページの先頭へ