スマートフォン解析

街コンの出待ちナンパのコツと具体的な戦略とは?

この記事の所要時間: 153

人気の街コン。

参加費は男性1人6,000円ほど。

そこで話せるのは多くて5、6組くらい。

大体5~10バンゲくらいは頑張ればできるが、
そこから後日のアポにつながるかと言えば、
これはもう時の運的なものもあるだろう。


6,000円前後のお金を払って出会いを手に入れる。

それが、街コン。


だが、お金を払わずして街コン参加女性を
ゲットしている人も存在するのだ。


それも、最近では密かなブームにもなっている。

それが、街コンの出待ち


街コンが開催される町には、200人、300人と女性が集まる。

それらお女性は街コンが終わると、街コンの2次会に参加したり
参加男性と飲みに行く女性も当然のようにいる。

しかし、大半の選択肢は帰る、なのだ。


また、街コン終了直後は、まだ物足りずに会場周辺で
たうろしているナンパは予想以上に多い。


言わば、ナンパ待ちである。

街コンの出待ちでは、そういった女を中心に帰ろうとしている女も
含め、五月雨式に声を掛けていくのが正解。


第一声は、「お疲れ様~!」でいい。

「どうでした~、いい人いましたか?」でいい。

街コン参加者は腕に目印を付けるのだが、もしそれを聞かれたら
「そんなもの捨てました」と言えばいい。


街コンが終了する10分前くらいには街について、
どの店で街コンが開催されているのかを把握するのが吉。

案外、同じように街コンの出待ちナンパをやる男は多い。

なので気にせずガンガン声を掛ければいい。


なお、いつどの街で街コンが開催されているか知りたければ、
街コンのホームページのカレンダーから調べればいい。




すぐに見つけることができる。

その日のうちにゴールを決めたい、つまりセックスをしたいなら、
飲み放題のある居酒屋に行くのも効果的な作戦。

女2人をベロンベロンに酔わせれば引き離しもしやすくなる。

そういった意味では、事前にその街の居酒屋やラブホまでの
導線などを確認しておいても損はないだろう。

健闘を祈る。


コメントを残す

このページの先頭へ