スマートフォン解析

黒瀬流店員ナンパの方法とは?

この記事の所要時間: 226



女性店員攻略法に関しては先にレビューした通りだが、
私なりの店員ナンパについても解説しておきたい。

まず、場所がコンビニにせよレンタルビデオ店にせよ、
居酒屋にせよパチンコ店にせよ、共通して言えることがある。

それは、店員に一仕事してもらうのが大事だと言うこと。


その為に大事なのが、質問。

質問と言っても、「この仕事は長いんですか?」とか、
「どこに住んでるんですか?」といった類いではない。

「B’Zのベストアルバム探してるんですが、どこにありますか?」
と聞いて案内してもらうといった質問である。


この場合、ただ質問をするだけではなく、一緒についていく、
行動を共にするというメリットが生まれる。


レンタルビデオ店に限らず、ホームセンターやスーパー等に
おいては、何かを探してもらう、案内してもらうという
行動が取りやすいので、ここで接点を作るべき。

そして、笑顔で「ありがとうございます」と言うのだ。

これにより、「あなた」という人物を印象付けることができ、
他の物言わぬ一般客との差別化が図れる。

とは言え、最初の訪問時から連絡を聞けと言うわけではないので
数回通う必要があるが、取っ掛かりとしては間違いのないやり方。


では、居酒屋やカフェ、飲食店等の場合はどうするかと言うと、
ここでもやはり質問をすればいい。


ただ、レンタルビデオ店やホームセンター等と違って、
店員と一緒に動くことがまず不可能。

なので、席に着いた状態あるいはレジで話すのだ。

内容としては、メニューに関して。


メニューを頼む時であれば、

「すみません。店員さんのお薦めってどれですか?」
「あっ、これですか~。僕もこれいいかなって思ってたんですよ。
 美味しいですか?じゃあ・・・信じます」


と言って注文をしておいて、帰り際にまた話し掛けるのだ。

「美味しかったです、あれ。
 作ってくれたんですか?あっ、厨房の人ですよね(笑)
 また来ますね~、どうも」


と言って立ち去ればいい。


飲食店やカフェの場合はメニューに質問をして、
料理の味や接客に関して褒めることが大事。

誰しも、褒められて嫌な気分にはならないわけで。


そして、2回に分けて話しかけることが大事。

1回だと印象に残りにくいが、2回だと残りやすいので。

次に店を訪れた時、覚えておいてもらいやすく、
一般客から常連客へのステップに進みやすくなる。


店員と雑談ができる関係になるために、
まずは店や商品に関することを質問してみよう。

そう考えると、客が店員に店に関することで聞くのは
普通のことなので、気軽に練習ができる。

実践あるのみである。


コメントを残す

このページの先頭へ