スマートフォン解析

人生において、ナンパができると言うのは明らかに得である。

この記事の所要時間: 148



ナンパができると言うのは明らかに得である。

これは私が本当に痛切に思うところ。

普段からストリートにしてナンパをしておくことで、
機動力は大幅に増してくるのだ。


例えば、ナンパモードではない時に街に出たとしよう。

髪型はダサいし服装も決まっていない、
そんな時でもナンパできる人間は限られている。

普段からナンパしている人間だけ。


普通にTSUTAYAにCDを借りに行った時でさえ、
普段からナンパしている男であれば、気になった
女がいれば迷うことなくすぐにナンパができるだろう。

だが、普段ナンパをやっていないとこうもいかない。


ナンパしようか?
ナンパしまいか?


これを悩むこと1分、気付けば女は帰ってしまった。

なんてことになり兼ねないのだ。

いわば地蔵してナンパができないのと同じで、
これではチャンスを逃してしまう。


「どうせ声を掛けてもダメだっただろう」と
ほぼ間違いなく自分を正当化するような作業に入ると思うので、
やはりナンパができるに越したことはないのだ。


これを防ぐためには、普段から日常的に、
ウォーミングアップ的にナンパをする必要がある。

タイプではなくてもいいのだ。

週に1回でもナンパをしていれば、
体が慣れるのでいつでもナンパができるのだ。

一生は一瞬で決まることがある。

その一瞬の為にも、ナンパができるようになって欲しい。

だからおまえはモテないんだ、やれ!であったり、
後藤孝規のナンパテンプレートがナンパを覚えるには
手っ取り早いと思っている。


街中に出るとナンパをしている人を見ることがあると思う、
よく観察しているとやっている男がいる。

だが、ナンパしていてもどんな風に話し掛けて
トークを展開しているかまでは分からないだろう。

ナンパができると、どんな出会いでも気楽に話しかける
ことができるようになるので、シチュエーションに強くなる。

あなたにも、そうなって欲しいと思う。


コメントを残す

このページの先頭へ