スマートフォン解析

きっかけは与えられるものではない

この記事の所要時間: 131

「待てば海路の日和あり」という諺がある。


辛抱強く待っていれば、きっといいことがある。

吉報がある、状況が好転するといった意味のことだが、
これとて、何もせず待っていればいいというものではない。

宝くじは買わないと当たらないし、
競馬だって賭けないと一銭の儲けにもならない。

例えが競馬になってしまったのだが、これは恋愛とて同じ。

出会いを求め、出会いのある場所に出向いて自ら
きっかけを作る努力をしなければ、出会いなどあるはずもないのだ。


ごく稀に、友達に女を紹介してもらったりといったことも
あるかも知れないが、そんなことは期待すべきではない。

やはり、自らがまず行動をするべきなのである。

そういった意味では、この2013年は自ら徹底して動いて、
勝機をつかみ取る努力をしていって欲しいと思う。

時には、失敗することもあるだろうし、ミスもあるだろう。

負けることもあるだろう。

だが、それで終わりではない。

15勝13敗のボクサーでも、世界チャンピオンに勝てば
自らが世界チャンピオンとなれるように・・・

負けは決してエンドではない。

ユニクロの柳井社長も言うように、10回チャレンジして1回でも
成功すれば御の字、そんな考えで問題ないと思う。

ビジネスも恋愛も同じなのだ。

もしあなたが本気で行動を起こすなら、
まず付けるべきは間違いなくナンパスキルであろう。

いつでも気軽に女に話しかけることができ、
笑いを交えたトークを繰り出すことができる。

そうなるためには、慣れることが大事なのだ。

慣れるために、何をすべきか?

慣れるために、ナンパをしてみるのも一考であろう。


コメントを残す

このページの先頭へ