スマートフォン解析

ナンパ商材でダメな典型的な例とは?

この記事の所要時間: 112



ナンパ商材は巷に数多く存在している。

だが、これはつかんではいけないというシロモノがあるのも事実。


その一つが、本人がナンパしていない教材

これは、ナンパ商材の中でも最もやばいと言える。


言うなれば、だ。

予備校や高校で数学の方程式を教えてくれている先生が、
実は数学が大の苦手で参考書をただ読んでいるだけなら・・・


はっきり言って幻滅するだろう。

そして、その先生から学ぶことは何もないと思うはず。


ナンパの場合も、本人はナンパしたことがないにも関わらず
ナンパ商材としてマニュアル化している場合があるので注意したい。

これが、誰かナンパのプロとタイアップという形ならまだいいのだが、
そうではない例も存在するので。


そして、次に避けるべきなのが、
音声や動画のないナンパ商材

これだと、リスニングのない英語教材みたいなもので、
本質を理解するのがかなり難しくなってしまう。

ナンパで大事なのは声を掛ける内容もさることながら、
喋り方やテンション、タイミングなど様々。

これらを理解するには動画か、最低でも音声である必要がある。


文章だけでそういったナンパのやり方を伝えるのは、
不可能とまでは言わないがかなり困難なのだ。

失敗をしないよう、注意して欲しいと思う。


コメントを残す

このページの先頭へ