スマートフォン解析

コミュニケーションのあり方を今、問いたい。

この記事の所要時間: 120



コミュニケーションのあるべき姿について話していきたい。

あなたは、もしかしたら、相手が男であろうと女であろうと、
自分本位のコミュニケーションをとってしまっていないだろうか。

自分本位なコミュニケーションとは何か。

自分の話したいことを話すが、相手の話は聞かなかったり
受け入れなかったりするような状態である。

皆、自分のことは好きである。

ともそれば、そうしたコミュニケーションをとっていれば、
当の本人は随分と気持ちがいいだろう。

なんせ、自分が主体なのだから。

しかし、相手からするとどうだろうか。

「この人は自分の話しかしない」
「私の話や考えを受け入れてくれない」
「話していてとても退屈だ」


と感じ取られてしまっても不思議はない。

一言で、こうあるべきだとかこれが正解というのは難しい。

だが、相手が何を望んでいるか、何をされたら嬉しいか、
逆に何をされたら嫌かというのを考えることが大事なのだ。

これを「想像力」と、漢字一文字で表すこともできる。

よく、相手の立場に立って物事を考えろと言うが、まさにそれなのだ。

そうしなければ、女は非常にシビアなため、
関係が発展する前に切られてしまう場合もあるだろう。

そして、今彼女がいた場合でも、今後出来た場合でも・・・。

彼女がいる状態で人間性の問題が表面化したら
より厄介な話であることは言うまでもない。

以上、参考になれば幸いである。






コメントを残す

このページの先頭へ