スマートフォン解析

彼女と別れた理由を聞かれた場合の答え方

この記事の所要時間: 219



女とのデート中の会話で、恋バナをする機会は多いと思う。

ある程度深い話になってくると、
「どのくらい彼女いないの?」と聞かれる
ケースも往々にしてあるだろう。

そこは正直に答えておけばいいのだが、
お薦めとしては3ヶ月くらい。


ここで、例え実際そうであったとしても、
2年とか3年とか答えるのはあまりお薦めできない。

正直にいきたいなら別にいいのだが、
何か原因があるんじゃないか?と思われて
しまう可能性があるからだ。

また、彼女いない歴1ヶ月とかはさすがに印象が
よくないので、結構モテる男であり少し前までは
彼女いたものの、別れて少し経って活動を始めた。

というイメージがつきやすい3ヶ月がお薦めなのだ。

また、どのくらいいないかの話題になった後に
必ずと言っていいほど聞かれるのが、
なぜ別れたか、別れた理由である。

彼女がいないフリーの期間がどれくらいかは
さほど重要でない場合が多いのだが、
別れた理由と言うのは重要なので注意が必要。

なぜかと言うと、相手があなたのことを恋愛対象として
見ていた場合はもちろん、探っている場合などは特に、
別れた理由によってはそれだけでかなりのマイナスイメージと
なってしまうこともあるからだ。

これも、必ずしも正直に言う必要はない。

「浮気がバレて別れた」
「自然消滅で別れた」
「遠距離が原因で別れた」


このように浮気の理由は様々あるが、
浮気は論外なのでさすがに言う馬鹿はいないと思う。

だが、一見最もらしい「自然消滅」あたりは、
女によってはそういった別れ方をしたことがない
女もいるため、不誠実に感じられてしまいかねない。

遠距離もありがちな別れる理由ではあるが、
原因が双方にあると捉えられがち。

私のお薦めとしては、別れた原因をこちらにあるではなく、
相手側にあることにすること。

「忙しかったから別れてしまった」というと
こちらが原因になってしまうので、言いにくいかも
知れないが、「彼女に振られた」ということにしておこう。

「他に好きな人ができたと言われて別れた」と。

ただ、誠実に付き合っていたことをイメージさせるために、
お互いの誕生日は祝ったり旅行に行ったり、将来のことも
考えていた旨は伝えたほうがいいだろう。

別れた理由を聞かれた時に、何もこちらに非があったかのような
言い方をして損をする必要はない。


「振られた」と言うと何か情けなく感じるかも知れないが、
意外性もあるし、正直であるし、相手の女から見ても
納得のしやすい回答だと覚えておいて欲しい。



コメントを残す

このページの先頭へ