スマートフォン解析

コンプレックスを克服する具体例

この記事の所要時間: 118

誰しも、外見にコンプレックスはあるもの。


では、それを前提としてどうやって
克服していくのがベストと言えるのか?


髪が薄い、太っている、垂れ目、
おっさんぽい外見、目が小さいetc・・・


様々コンプレックス要因というのはある。


しかし、大事なこと。

それは、コンプレックスをコンプレックスと思わないこと。


例えば、グラビアアイドル。


よく、「自慢のFカップですね」なんて褒めたりすると、
「実はこれ、高校の時までコンプレックスだったんですよ」

なんて話はよく出てくる。


ある人から見たらコンプレックスでも、
ある人から見たらそれは魅力ポイントになることも多い。



そして、コンプレックスは使い方次第では
武器に代わることも覚えておいて欲しい。


どういうことか?

例えば、太っている場合。
食事をしている場所が暑いと想定しよう。

「なんか、暑くない!?デブには拷問だよこれ」

なんていう笑いのとり方もある。


また、ハゲの場合。
言葉の節々でもじることが可能。


「激しいね(笑)」
「誰がハゲやねん!」

など使い方は様々。


大事なのは、笑いに変えること。


そうすることで、一見するとウイークポイントを
明るく笑い飛ばしている人というプラスイメージが付く。

女の興味を引きやすいのである。

以上、実践してみて欲しい。


コメントを残す

このページの先頭へ