スマートフォン解析

いい恋愛商材と悪い恋愛商材の違い

この記事の所要時間: 120

今回はコレですな。

いい恋愛商材と悪い恋愛商材

私のように年間数百という恋愛商材に目を通していると、
当然のことながら見る目が養われてくる。

どんな恋愛商材を買うべきで、
どんな商材は避けるべきか?

分かってくるのである。

セールスレターから見抜ける場合も多い。

そして、いい商材、そうでない商材の違いは、
恋愛商材に限らずであるが、

実体験が伴っているか否か、である。


実体験や自己の体験のないところにリアリティはない。
そういった商材は伝わってこないし、次第に淘汰されるであろう。

その意味ではこの方は素晴らしい。



「BIG TOMORROW」に載っていたが、
この人の話す話はネタじゃないかとよく言われるが、
実際に起こった話ばかりらしい。

まさに実体験による話だから、聞き手が引き込まれるのだ。
情報商材に言い換えれば、作者に魅力があるというワケ。

おまけに素晴らしいではないか。

「みんな自分が好き過ぎるんですよ。
 周りに目を向ければ、あり得へんような
 面白いこといっぱい起こってますから」


とのこと。

私は彼のことを、鶴瓶師匠と呼びたい。

さて、自己の体験談を書いてある恋愛商材こそが
読むに値することは理解してもらえたと思う。

では、もっと突き詰めて、買ってはいけない類いの
恋愛商材があるなら、それは何なのか?

続けて、詳しく解説したい。

買ってはいけない恋愛商材とは?


コメントを残す

このページの先頭へ