スマートフォン解析

女を洗脳する3つの質問術とは・・・

この記事の所要時間: 232

震災支援の輪が日本全国で広まっている



また、都内でもそういった動きが活発。

街を歩けば、募金活動だけでなく、

被災地に向けた様々なイベントがあることに気付く。



今できることは何か。


綺麗事ではなく、まだ考える余裕がなかった人は

この機会にぜひ考えてみて欲しいと思う。



さて、本題に入ろう。


女とセックスをしたければ、事前に布石を打ったり、

そういった流れになるように仕向けることが大切。



そんなの当たり前じゃん。



と思うかも知れないが、

ではどうやればいいか、

分かっていない人も多いと思う。



例えば、下ネタを言いたい場合、

唐突に「俺のあそこは大きくてね」なんて話をしたら変態である



前フリというのが重要で、例えば、



「実は言いにくいんだけど、悩みがあってさ。

 元カノと付き合ってた時に言われたんだけど・・・」




と前フリをすることが重要である。




最もこれでもやや唐突な印象がある、という場合は、

フェチの話をしたり、セックスの相性がどうだったとか、

そういった話を交えて話していくのである。



と同時に、下ネタにもっていくために

質問をする場合であるが、



「最近いつセックスした?」のような言い方も

ある意味有効ではあるのだが、これは使い方が難しい。



キャラ設定ができていたり、

そういうことを言ってもいい状態にもっていかないといけないからだ。



だが、もし予め決められた質問をするだけなら?



これは、キャラ設定もお互いの間柄も関係なくうまくいく。




心理テストで下ネタにつなげられても

そこまで抵抗感がないのと同じだ。




しかし、心理テストの場合は悪くはないのだが、

あくまで相手の想像の中で語られることになる。



Aという状況の中でBという行動を選んだあなたは・・・

○○な性格です




とかそういった具合。


これだと効力が弱い。



そうではなく、女にタブーとされることを自然に

言わせることができたら、必然的に女は心を開く。




そして、股を開くのに最も効果的な方法がコレだ。


3つの質問を相手に投げかけるだけでいい。


これは非常に簡単なことなので、

居酒屋のアポ等では必ず使って欲しい。




トーク力に自信がない人でも、この質問は効力を発揮する。



女が進んでタブーとされることを語り出す、

そんなことは普通の会話の中ではなかなか困難。



だが、それが出来てしまうということ。




難しい話ではない。




コメントを残す

このページの先頭へ