スマートフォン解析

黒瀬翔の集大成をお知らせします

この記事の所要時間: 133

出会いがない

社会人ともなれば、出会いが激減。


そんな人もきっと多いことだろうと思う。

無理もない。


だが、諦めたらそこで試合終了、
とは使い古された言葉ではあるが、事実。


出会いがないなら私のブログ、メルマガで
常々語っているように、ナンパなりパーティ
なりに繰り出して、出会いを開拓して欲しい。

そしてそこでトークを頑張るのだ。

出来る限り女を笑わせ、引き付けるよう頑張る。


そして、その段階をクリアした者のみに
次のステージが与えられる。

それが、アポ。


アポまで来ているということは、
最低限の食いつきはある場合が多い。

勝負は、そこからなのだ。


1回目のアポはいわば査定のようなもの。


査定をクリアしないと、2回目のアポはない。

もっと言うと、2回目のアポをクリアしないと
3回目のアポもないと言える。


経験則では、3回目のアポまで漕ぎ着ければ
付き合える確率はグンと上がるが・・・。


いずれにせよ、

・どういった場にいけば出会えるか分からない
・ナンパでどんなアプローチをすればいいか分からない
・その日にゲットしたい場合の誘導トークが分からない


分からないづくめの男性は多いと思う。


自己流で突き進むのもOK。


しかし、車にも免許があるように、
数学には公式があるように、
攻略へのルートがあるなら活用すべき。

私はそう捉えている。


どうにかしたいなら、今からチャレンジするしかない。

女を抱きたいなら、一生のパートナーが欲しいなら・・・


私が渾身の力を込めて書き上げた109ページにわたる恋愛豪華レポートを今すぐ読んで欲しい。


コメントを残す

このページの先頭へ