スマートフォン解析

男女における恋愛脳はこれほどまでに違う

この記事の所要時間: 119

男女とひとくくりにする言い方があるが、
そもそも男と女は全く別物。


体の構造も違えば、
脳の構造も全くといほど異なる。

だからこそ、会話で話す内容も違えば、
理性に求める反応も異なってくるのだ。

先日面白い本があったので紹介しておこう。



『察しない男、説明しない女』というタイトルの本だが、
まさに日常においてそうした光景は多い。

女は付き合ったりすると特に、男に対し、
言わなくてもそこは察して欲しい、感じ取って欲しいと思う。

男としては、女が感じていることを
ちゃんと説明して欲しいと思うのだ。

この2つは相反するからこそ、
男女関係は難しい。

他にも、

「男は褒めて欲しい。
 女は分かって欲しい」


という言葉もあった。

これもまさに、その通り。

男は褒めておだてられ、「凄いね~」と言われるだけで
時に天にも上ったような気持ちになるが、
女は自分のその時の感情を理解して欲しいのだ。

女は心を許した男に対して話が長くなるのも、
そうした理由があるためである。

女と接する時は、相手が女であることを
当然ながらまずは理解した方がいい。

それは初歩的なところから。

女と一緒に歩く時はペースを同じにすること、
そしてヒールを履いていないか等を確認すること。

女と同じペースで歩けないだけで、
「この人ないな」思われてしまう可能性は高い。

気を付けて欲しい。





コメントを残す

このページの先頭へ