スマートフォン解析

風俗嬢をセフレにするための秘策とは?

この記事の所要時間: 138

fuufuu

風俗嬢と言えば、エロいというイメージが強いだろう。

それは間違いはないと思う。

セックスがしたいから風俗嬢になったという女は少数派だとしても、仕事で性行為やそれに近い行為をしているから、性に対して開放的、オープンなのだ。

だからと言って、すぐセフレにする、彼女にしたいと思ってもうまくいかないだろう。

なぜなら、世の中のありあとあらゆる男がそう考えるからだ。

1、2万円払ってプレイをし、せっかくだしということで連絡先を聞こうとする。

あるいは本番交渉をする者もいるであろう。

しかし、男からしてみればそうではなかったとしても、嬢から見ればそんなことは日常茶飯事なのだ。

なので簡単に交わされてしまうということ。

だからと言って性行為で惚れさせようとしても、決して簡単ではない。

よほどイケメンだったりセックステクニックが優れていれば可能性は高くなってくるが、ほとんどの場合はそうではないだろうから。


じゃあ、どうすればいいか?

客と店員という図式を崩しにかかることが何より大事。


例えば、ほとんどの男は初対面から素股をしてもらって抜いてもらい、
その後に連絡先をすぐに聞こうとする。

だが、これは勇み足なのだ。

じゃあ、自分ならどうするかと言うと、やり方はいくつかあるのだが、
これぞというやり方が一つある。

それが、初回は抜いてもらうだけに留め、その後はひたすらトーク。

できれば最低でも60分以上で入って欲しい。

そして2回目

再度同じ女を指名し、次は行為をせずにひたすらトークをして連絡先を聞き、後日のデートに誘うのだ。


1回目で最後までやるのではなく、途中までに留める。

1回目で連絡先を聞かない。

たったのこれだけでも差別化が図れるのだ。

ぜひ実践して欲しと思う。


コメントを残す

このページの先頭へ