スマートフォン解析

女の本音と建前を徹底検証!~LINE・メール編~

この記事の所要時間: 452


女は本音と建前を使い分ける生き物

あなたは、女は本音と建前を使い分ける、
という事実を知っていただろうか。


最もこれは女性に限らず我々男性もそう。

好きでもなく尊敬すらしていない上司に媚びを売ったり、
相手のことを嫌いでもお世辞を言ったりする生き物。

だが、女はとりわけその傾向が強く、
特に恋愛面ではそれが顕著になる。


LINEやメールにおいてもそう。

私の経験則から分かった話も踏まえ、
詳しく見ていきたいと思う。


LINEやメールから見る女の本音と建前とは?

1.出会った直後のファーストメッセージ

異業種交流パーティーや合コンなどで女性と出会い、
連絡先を交換して岐路へと着くか着かないか。

あなたは期待を込めて相手にLINEメッセージを送るだろう。

そこで、よくあるパターン

「今後ご飯に行きましょう」と誘ってみたはいいものの、
相手からの返信を見てみると、「みんなで行きましょう」と返ってきた経験、
あなたも一度や二度はあるのではないだろうか。

「みんなとわいわいの方が盛り上がるよ」
「二人だと緊張しちゃうし2対2とかどうかな?」


というようなことを言ってくる女。

これはほぼ脈なしであると言っていい。

普通に考えれば、こちらに興味がある場合、
1対1で会いたがるのが自然であるしライバルを増やしたくはない。

ごくまれに、食いつきはあるものの、緊張しいな性格で、
友達も一緒に会いたいというレアケースも存在するが、
ほとんどの場合は建前にすぎないのだ。

「あなたは恋愛対象としてみていないけど、
あなたの友達にはちょっと期待してみたい」という本音が隠されている。


女の誘いに乗って複数人で会うのもなしではないが、
ほとんどの場合進展しないのは、
そもそも相手からの好意レベルが低いからなのだ。

また、向こうから一方的に、
「明日早いから寝ますね。おやすみなさい」という感じで、
LINEやメールを切ってくる女。

これも厳しい

そもそも男として、恋愛対象としてみているなら、
自分からわざわざ切ったりはしないのが常である。


2.デートに誘うことによる反応

次に、女をデートに誘うという行動をとった時、
相手の本音と建前が見え隠れする場合が多い。

デートに誘ってOK返事をもらえた場合、
これはまあいいとして、断りだった場合。

その場合に好意レベルを計るには、
代替日の提案があるかどうかに注目をして欲しい。


「ごめん、その日はダメなんだけど◯◯日なら大丈夫だよ」
という回答があればOKなのだが、そうではない場合。

「しばらく忙しいから、また時間ができたら連絡するね」
「今月は予定がいっぱい詰まってて。来月なら行けるかな」
「ごめん、予定あるんだ~」


こういった返事の場合、ノリ気ではない可能性が高い。

まさか「行きたくない」、「興味ない」とダイレクトに言う訳にいかないので、
やんわりと断っていると思って欲しいと思う。

「来月なら行ける」と言われた場合でも、
例えば今が8月上旬で来月の話をしてきた場合、
9割方食いつき不足と思っていいだろう。

逆の立場で考えみると分かるのだが、
興味がある相手を誰しも逃したくはないからである。


3.定番のお酒、時間に関するアピール

また、デートの誘いをOK返事もらった場合でも、
油断は禁物であると言える。

どういうことか?

女によっては、防御線を張ってくる女もいるのだ。

「次の日仕事なんであまり飲めないですけど」
「終電早いんで10時前には帰りますね」


とか先にLINEやメールで言ってくる女。

正直これは私自身も何度も経験があるが、
本当にテンションが下がるのでやめて欲しい限り(苦笑)

こう言ってくるということは、
あなたのことを警戒しているか、
発展したいと思っていない証拠。

つまり、食いつきは薄い可能性大

食いつきの薄い女性とデートをしても、
上手くいくものも上手くいかなくなるのは当たり前。

こうしたマイナス発言をしてくる女は損切りをし、
空いた時間を別のアポで埋めるなり、
新たな出会いの場に繰り出すなり有効活用して欲しい。

無駄なアポで時間とお金を浪費するよりも、
賢い選択肢がきっとあるはずである。


そして、実は女の本音というのは、
言葉以外からも確認することができると伝えておこう。


女の本音、実はこんなところに表れる!?

実は女の気持ちは、返信スピードや絵文字の多さなどに表れる場合が多い。

いくら言葉では、「土曜日楽しみにしています」とか、
言っていたとしても行動ではごまかせない。

●毎回LINEの返信が遅い
●文字数が少ない
●疑問文が一切ない
●絵文字のない簡潔な文

という状態だと期待薄と言わざるをえないのだ。

逆に、

●レスポンスが早い
●文字数が多い
●絵文字が多い
●疑問文が多い


という特徴があればこの逆、
好意レベルは一定水準以上あるとみていい。

また、LINEの文面でニコニコ系(表情系)の絵文字が多かったり、
テンションが高かったりする場合は、実際に会っても同様。


LINEの食いつきと実際のデートでの食いつきは同じなのだ。

こちらに対して食いつきがあるか否か、
これを冷静に見極められるようになって欲しい。

女の好意レベルが分からずに振り回されたり、
冷静さを失わないように恋愛スキルを伸ばしてもらえればと思う。



コメントを残す

このページの先頭へ