スマートフォン解析

彼女をつくるための彼女候補の考え方について

この記事の所要時間: 150

彼女候補

彼女が欲しいと思うなら、自ら出会いを作るために
動いていくのが正解の行動と言えるだろう。

だが、出会いを作ってデートするだけでは
正解と言えないのもまた事実なのだ。

どういうことか?

出会いを作ってデートをし、2回、3回とデートをしていく。
大体告白までに、3週間~2か月近くはかかるだろう。

それはいいのだが、告白していざ失敗したら、
また振り出しに戻ってしまうことになる。


それ自体が時間の無駄とは言わないが、
特に30代の男性に関しては急いだ方がいい。

では、どうしたらいいのか?

ひとつの解決方法としては、彼女候補一人だけで決して満足しないこと。

フラれたらまた振り出しに戻るし、
あなた自体の告白成功率がそんなに高くないかも知れない。

だからこそ、彼女候補を量産して欲しいのだ。

ビンゴゲームでいえば、ダブルリーチやトリプルリーチが
常にかかっているような状態を目指し、維持して欲しい。


そうすることによって彼女ができるスピードが速まるし、
彼女ができる確率も飛躍的にアップするだろう。

とにかく、数なのだ。

今まで合コンやカップリングパーティーに週1回行っていたとしたら、
週に2回は行くようにするとか。

これだけで出会いのチャンスは2倍に拡大する。

単純なことだが、こういった計算ができていない男性は多い。

2倍行動すれば倍速で結果が出るとは限らないが、
早めに結果が出る可能性は高まるだろう。

そう考えると、2年かけて合計30回パーティーに参加するよりは、
半年で30回参加してしまう方が遥かに効率がいいのだ。


また、複数の候補を作っておくことによって、
1人仮にフラれたりダメになったとしても、
他がいるという安ど感があり余裕がある。

1人に固執していると余裕もなくなってくるし、
ダメになった時のショックもその分大きいのだ。

彼女候補は2人、いや3人、4人といた方がいい。
多い分には問題がないのだ。

ぜひとも、量産できるように頑張って欲しいと思う。



コメントを残す

このページの先頭へ