スマートフォン解析

恋は遠い日の花火ではない

この記事の所要時間: 133



恋は遠い日の花火ではない―。

そんなキャッチコピーがあるのを、
あなたは知っていただろうか?

これは有名な、テレビCMでのコピー。

そう、年をとるごとに仕事に忙殺され、
いつの間にか出会いの場に繰り出すことを忘れる。


億劫になる。
恋愛や結婚を諦めてしまう。

そんな男性は多いように思う。

だが、私から言わせればそういった頭になった時から、
人は老いていくのではないかと思っている。

よく、「俺はもうオッサンだからモテないのでは?」、
「需要がないのでは?」と感じる人も多いだろう。

そうではないのだ。

オッサンになってもモテている人は沢山いる。

仕事に頑張り、恋に活動的であれば、
その男を魅力的と見る女もいるのだ。

長塚京三ではないが、あなたも諦めないで欲しい。

では、しばらく恋を休んでしまっている
R35、R40世代はどうすればいいのか?

簡単なことである。

年相応のカップリングパーティーに参加してもいいし、
26歳~40歳枠のパーティーに参加してもいいだろう。


今の時代、昔と比べると年上の男、
それも35歳~40歳過ぎの男でもOKという
女は時代とともに増えてきているのだ。

これは言わずもがな、キムタクを始めとするアイドルグループの
影響というのも少なからずあると見ている。

年齢は、言い訳にならない。

ある程度歳を重ねた男の方が落ち着きがあるし、
経済的にも余裕があるためちょっと大人なBarに
女を連れて行ったりすると評価も上がりやすい。

恋を始めたいのなら、
まずは出会いを作り出すこと。

造り出し方は、私がこれまでいレビューをした
数々の恋愛商材を参考にしてもらえればと思う。


コメントを残す

このページの先頭へ