スマートフォン解析

好きな女への告白に関する考え方をシェア

この記事の所要時間: 147

告白

あなたは、告白を最近したことがあるだろうか?

告白を近々したいと考えているだろうか?



いずれにせよ、告白に関してどう捉えているだろうか。


よく言われるのは、告白は当たって砕けろ的に、
ギャンブル的な感じでやるべきではないということ。

これは、確かにそう。

「好きだ」とか、「このもやもやを吹き飛ばしたい」という
気持ちが先走って告白をする男は後を絶たない。


であるならば、
“確実に成功するそのタイミングまで待つべき”
というのが、ある程度モテる男の率直な感想だろう。

まさに、その通り。

機が熟したタイミングの方が、
告白の成功率は高い。


特に、相手があなたを彼氏候補として見るまでに
至っていない場合は、温度を高める必要がある。

理想としては、ジャブを打ち続けること。

「お前のそういうとこ好きだな」とか、
「やばいね~それ俺のハート打ち殺す気?(笑)」
などと言って相手に自分の存在を意識せること。

好意を小出しにしていくのだ、あくまで小出しに。


冗談か本気か分からないレベルで、
つまり冗談交じりに言っていくこと。


だが、それがどうしても難しい場合は、
告白をしてしまうのもひとつの手。

先程も言ったように、好意を伝えることが大事なのだ。

告白となると一種のギャンブルになるが、好意だけ伝えるのもあり。

返事は求めなくてもいい。


また、返事を求めてダメだったとしても、
そこで初めて男として本格的に意識される場合だってある。

その時はダメでも、後日また会うことができるなら、
女の方が歩み寄ってくる場合だってあるのだ。

距離が近付いたと感じたならば、
数回後に再び告白をすればいい。


それで成功する場合だってあるのだから。


大事なのは、好意を伝えること。

好意を伝えて初めて恋愛対象内に入る場合もある。


恋は戦略的に。

今回は以上、参考になれば幸いである。

コメントを残す

このページの先頭へ