スマートフォン解析

ロビンの恋愛商材は買ってはいけない

この記事の所要時間: 23

『ロビンの恋愛商材』の作者が停職処分に―。


ヤフーニュース等のネットニュースだけでなく、
全国ネットのテレビニュースでも放送された一件。

何と作者は埼玉県の高校教諭であり、
ナンパ商材を職員室で印刷しているところを
教頭に見つかったという間抜けな話。

コピー機

まるで、コントの世界。

サイトによっては、県立越ヶ谷高校の教員・若林泰人(31)
(地理・公民担当)とフルネームまで出ている始末。

146ページの『ロビンの恋愛商材』を3万円で販売していたという。

146ページの冊子だけで3万円と言うのだから、
これは正直高いと言わざるを得ない。

ただ計30部を販売したと言うので、副業としては
かなり稼いで潤っていたようだ。


全国的には彼を初めて知った人ばかりだと思うが、
ネットの世界ではちょっとした有名人であった。

何年も前からナンパブログを運営していて、
ちょっとした人気のブログだったのだ。

と、私は最近知ったのだが。


ちなみに下記が、彼が最近まで運営していたブログ。

現在は削除されてしまっている。

モテない男のナンパ日記


ナンパ商材を出すこと自体は悪いことではないと思うのだが、
職場の備品を使ってとなると話は別。


しかも教師だったのだから、始末に負えない。

ナンパの素晴らしさを知っている人間、ナンパができるという
素晴らしい特技を持っていて、それを伝えることができる人間だからこそ、
まっとうなやり方で勝負して、ナンパを広めて欲しかった。

「内容は全部フィクションで、知人の体験談などに基づいて創作した。
もうかるので続けてしまった」と話していると言うが、
私から言わせればほぼ実話に間違いないだろう。

自身の弁解の為に言っていると言っていい。


こんな犯罪者と呼ぶにふさわしい男の商材を
買う必要は一切ないので気を付けて欲しい。

また、現在は販売を停止しているとのこと。

実は『ロビンの恋愛商材』をレビューしようと思ったのだが、
今思えばやらなくてよかったとホッとしている。


ナンパ商材であればいくらでも、
こちらを見れば魅力的なものがある。

今回の停職、そして退職の話は情けない限り。

同じ、恋愛商材に携わっている立場の人間として、
今回の件は残念でならない思いである。

コメントを残す

このページの先頭へ