スマートフォン解析

【超豪華特典】コンティニアス動画教材 レビュー

この記事の所要時間: 855

コンティニアス動画教材あ

コンティニアス動画教材

著者:茂木謙二、谷口雅彦
ジャンル:セックステクニック系
分量:本編1時間20分38秒+特典30分59秒


■今回の購入理由

“コンティニアス”という響きにまず興味を抱いたのが発端だね。



黒瀬翔の一刀両断!

一刀両断


「切り口は面白いが、同販売元のいつもの作品と比べたらややパワー不足か?」



続いて、中身を見ていきたい。

Masters’eye ~詳細レビュー~


動画教材ダウンロード用ページ
↑教材動画のダウンロードページ


■第一章 コンティニュアスオーガズムとは?(8分49秒)

●はじめに

茂木謙二

茂木さん登場。

この動画教材の流れに関して。


●女性のオーガズムに関して

オーガズムに関して。


●5つのトリップスキーム

5つの段階に関する説明。

興奮スキーム、高原スキーム、オーガズムスキーム、
コンティニュアスオーガズムスキーム、消退スキームの
5つの段階があるとのこと。

段階が進むに連れ快感が増え、
依存度が増していく。


●コンティニュアスオーガズムとは?

コンティニュアスオーガズムの説明や
コツに関して言及されている。


●6つの連続性感帯

谷口雅彦

ここで、谷口さんが登場。

6つの性感帯の特徴に関して語られている。

皮膚性感、乳首性感、クリトリス性感、
膣筋性感、Gスポット性感、ポルチオ性感。



■第二章 第一スキーム「興奮スキーム」

●34のコンティニュアスセックステクニック

再び、茂木さん。

前置き説明。


●キス

●テクニック1「リードする」

どのようなキスをすればいいか、
女が興奮するかに関して。


●テクニック2「やわらかなキス」

私は意識していなかったので、
顔の角度を●●○から●●○傾けキスを
すればいいという解説は役に立った。

実技練習の動画もある。

やわらかなキス


●テクニック3「舌先からめ」

いわゆるディープキス。

3つの舌の動きに関する説明も。


●テクニック4「●●なめ」

これは意表を突かれた。

ここを舐める男はなかなかいないだろうと思う。

裏性感帯的な場所になるが、
ここは女が感じるポイントらしい。


●テクニック5「舌を吸う」

これも、舌を吸うだけで6種類もの
パターンが解説されているので参考になった。

また、●を出すのも効果的。


●テクニック6「●●●」

●●●が口の中のGスポットなので、
ここが特に感じると言っている。


●性感帯以外の愛撫

3か所ある。


●テクニック7「耳の愛撫」

耳の愛撫

これも、実にいやらしい!

私は1種類の舐め方しかやっていなかったが、
動画内では7つも舐め方が実践されている。

いかに自分が小学生だったか思い知らされた感じ。


●テクニック8「首、うなじの愛撫」

これも凝った舐め方。


●テクニック9「背中の愛撫」

背中の愛撫

この動き、やばし(笑)

確かにここまで凝れば、背中でもかなり濡れてくれそう。


●オプションテクニック「乳房の愛撫」

これは確かに、やった方がいいと思った。

焦らし方がいい。


■第三章 第二スキーム「高原スキーム」

●高原スキームについて

高原スキームに関する説明。


●乳首性感帯の愛撫

●テクニック10「●●から舐め上げる」

「えっ、そうなんだ。」

それが純粋な感想。

まさか、あの部分から舐め始めるとは思わなかった。


●テクニック11「円を描く」

非常に舐め方がスロー。


●テクニック12「両乳首を責める」

触りつつ、舐めつつという感じ。

ここは結構オーソドックス。


●乳首単体の愛撫

乳首を引っ張る映像がエロくて思わず黒瀬勃起。


●女性器愛撫

女性器愛撫

これはやばい、女は絶対感じるだろう。

11段階ものステップを解説している。


●テクニック14「口を離さない」

終始性器に触れておくべき。


●テクニック15「熱い息を吐きかける」

これ、使えそうだし今後からやってみようかな。


●テクニック16「陰唇間を舐める」

陰唇間の舐め方。


■第四章 第三スキーム「オーガズムスキーム」

●オーガズムスキームについて

オーガズムスキームはどのような状態の時を
言うのかを解説している。


●テクニック17「クリを回す」

これも、模型がリアルなこともあり非常に分かりやすい。


●テクニック18「吸い付く」

いよいよ、クリトリスの皮を剥いて舐め回すまで。


●テクニック19「圧迫」

ここまでやると女もかなりやばいだろう。


●テクニック20「バイブレーション」

指でクリトリスを刺激するやり方。


●Gスポット

なんと3つもGスポットが・・・。


●テクニック21「Gスポット責め」

ここは、画像だけではなく実演で見たかった。


●テクニック22「裏Gスポット責め」

●テクニック23「オーバーGスポット責め」

これも同じく。


●テクニック24「潮吹き」

どの指を膣内に入れればいいのか?

その答えは●●●指と●●、または●●と●●が
いいと解説されている。


●テクニック25「●筋責め」

●筋責めに関して。

これは、やる人は少ないと思うが、
気になる部分ではある。

●筋責めでイキ終わった女性は●●になるとのこと。


●ポルチオ性感帯

ポルチオの感じさせ方、なるほどと思った。


●テクニック26「ローリングタッチ」

ローリングタッチ

ペットボトルを使った、ポルチオの場所説明。


●テクニック27「下腹部圧迫」

ポルチオ&圧迫。


●テクニック28「ポルチオ&G」

Gスポット

これは凄い。

まさかのダブル責め。


●「GP2浅1深」

この言葉の意味が分からない、
という方は動画で確認して欲しい。


■第五章 第四スキーム「コンティニュアスオーガズムスキーム」

●コンティニュアスオーガズムスキーム

この章で話すことに関して。


●体位

●テクニック30「ポルチオ専用体位」

ポルチオにペニスを当てまくれる体位。

これはAV等では見られないことが多いが、
実際に効果は高い、それが実践済みの私の感想。


●テクニック31「脚とじ」

これはまだやっていないので、試してみたい。


●テクニック32「寝バック」

これはなかなか難しそう。


●テクニック33「ねじ回し」

これは男が大変そう(笑)

見たこともない体位。


●テクニック34「強引な騎乗位」

男性主導の騎乗位の説明。


■第六章 第五スキーム「消退スキーム」

●消退スキーム

後戯の重要性。


●トランス状態での会話

依存させるコツに関して。

これは悪魔のやり方ですな(笑)


●困ったときのQ&A

オーガズムに至らない場合、
連続でオーガズムが訪れない場合、
刺激が変わってしまった場合、
恐怖心を感じられてしまった場合等の対処法。


本編は以上。

特典が2つ付いている。


●出張ホスト水嶋トモ・クンニ教材(30分59秒)

こちらは現在も販売されている、
水嶋トモ氏のセックステクニック教材の
クンニの部分だけをピックアップした特典。


●SEXテクニック無料動画ブログ

SEXテクニック無料動画ブログ

これは、長寺忠浩氏の動画ブログと
シークレット動画の閲覧ができる特典。

なかなか面白い試みだと感じた。



では続いて、採点をしていきたい。



Masters’eye ~採点~


【再現性】★★★★★★★☆☆☆
あそこの模型が分かりやすくていいが、挿入の実演が欲しかった。

【独創性】★★★★★★★☆☆☆
“コンティニアス”という言葉を作り出したことは素直に
評価ができると思うが、それを上回る展開になっていないか。

【価格妥当性】★★★★★★★☆☆☆
価格は妥当なラインだと思う。

【満足度】★★★★★★☆☆☆☆
期待値が髙かっただけに届かなかったか。

【総合評価】★★★★★★★☆☆☆
お薦めできる、と言えるかは微妙なライン。


最後に、最終結論になる。


Masters’eye ~最終結論~


解説シーン→実演シーン、解説シーン→実演シーンの
順番で流れに沿って学ぶことができる教材。


解説をする講師が2人いる以外は、実演部分で男性モデルと
女性モデルがいるのだが、解説シーンとは別で収録されている形になる。

内容的には、いい意味で細かい。

キスの仕方や耳の愛撫、胸の愛撫、膣内の愛撫、
舐め方等がかなりアップで、ゆっくり見せてくれて
いるのですんなり頭に入ってくるのだ。

かなりマニアックな体位や専門用語も出てくるので、
セックス中級者にも対応できる内容だと感じた。

不満な点としては、挿入の実演シーンが
なかったことだろうか。


後は、これまでの教材と比べてどこか突き抜ける
ポイントや強烈なインパクトがないと言うか・・・。

同じ会社が出している教材としては、
北条麻紀教材の方が個人的にはお薦め。

あと、“コンティニュアスオーガズム”という造語は
取って付けた感も多少否めなかったが、
切り口としてはなかなか面白いと思った。


レビューは以上である。

最後に私から、超豪華特典に関して。



私から、超豪華特典を用意しています




下記リンクから購入された方には、
オリジナル超豪華特典をプレゼント。


コンティニアス動画教材特典付きリンクはこちら

恋愛マスター豪華特典はこちら




コメントを残す

このページの先頭へ