スマートフォン解析

【豪華特典付】第3の性感帯シークレット動画講座のレビュー

この記事の所要時間: 947



著者:葉山美希(元指名No.1風俗嬢)
販売元:ジャパンダイレクト企画
ジャンル:セックステクニック系
分量:動画2時間00分17秒(配送版は別途2,000円)

AV女優のセックス動画教材シリーズで有名な
ジャパンダイレクト企画の最新作。

今回は、クリトリスでもGスポットでもない、
知る人ぞ知る性感帯を動画で詳しく解説し、
実演をするこれまでにない切り口となっている。



元風俗嬢が解説と実演シーンに出演しており、
よくあるAV女優とはまた違ったアプローチ。


「第3の・・・」と言うと私の世代だとどうしても、
「第3の男」という映画を思い出してしまうわけだが。

それはさておき、ニッチではあるものの、セックスを
追求したい人にとっては望ましいテーマと言える。

私自身、セックスと言うと昔は、あそこを濡れさせたら
すぐに挿入し、すぐにイッて終了という淡白なものだった。

だが、歳を重ねると共に前戯を重視するようになり、
女の体は全体が性感帯に成り得ることに気付いた。


セックステクニックをマスターする過程にある私だが、
そんな中突如としてリリースされた本教材。

果たして、私の新たなセックスバイブルの1ページとなるのか、
破って捨てるようなノウハウなのか。

しっかりとチェックしていきたいと思う。


それでは、恒例のこちらからいってみよう。


黒瀬翔の一刀両断!

一刀両断

「第3の性感帯は1つにあらず。女の性感体を幅広く知ることでセックスの楽しさは倍増するだろう。」by黒瀬


では、中身を詳しく見ていきたい。

目次

第3の性感帯シークレット動画講座の詳細レビュー


■第三の性感帯 最初のセミナー(10分54秒)

●第3の性感帯とは?



第3の性感帯の説明。


●全体構成

教材の構成についての説明。


●口技バリエーション



普通、口技と言っても吸うだけだったりしがちだが、
この教材の場合は吸う。

舐める、歯を使うなど
色んなバリエーションがある。

また、どの場所を吸えば女が感じるかの
解説も参考になった。


●全身性感マップ



女の性感帯の多さをまざまざと知らされた。

首から上、上半身の後ろ側、上半身の前側、
下半身の後ろ側、下半身の前側、女性器と
部位ごとに細かく解説されている。

合計で31もの場所が性感帯であるという。

女でないと知りえなかった場所もあるだろう。

これらの場所の中には、私も知らなかった部位があるが、
責められるところは責めるべきだと思った。


■実演&解説:01(24分44秒)

●全身リップとは?



舐めるべきポイントや焦らせるべきポイント。

●●●●●や●●は後で舐めるべきとのこと。


●全身リップの部位ごと解説

キスの種類が豊富で、女が喘ぎまくっている。

耳、首などの一般的な部位だけではなく、
女が恥ずかしがる場所、通常は誰にも見せない
ような場所まで舐めまくっている。

また、舐める時の音にも注目すべき。

激しい音を立てながら舐めていて、
それが気持ちよさを助長している感じ。

凄いと思ったのが、耳を舐めるシーン。

普通は耳の●●しか舐めないと思うが、
ここでは耳の●●まで舐めている。


これは盲点であった。

また、11分50秒あたりに出てくる、
脇腹の●●●●●●●あたりのツボも、
第3の性感帯である可能性があるとのこと。


まさか、ここが性感帯だとは・・・。

私自身も、直近のセックスの愛撫では、
前戯にかける時間が圧倒的に長くなると共に、
音を立てて舐めることを意識するようになった。

もちろん、胸の愛撫も。




■実演&解説:02

2つ目の動画では、上半身の後ろ側と下半身の後ろ側、
下半身の前側を舐めるシーンの解説となっている。

背中、ヒップ、足の裏、太腿の上の部分、
太腿の内側、お腹の順番。

特に、7分20秒くらいで紹介されている
ヒップの舐め方、これは凄くエロい。




この舐め方を25歳の介護士のセフレに実践。

●●というツボも触りながら実践し、
その直後に動画でも解説されている
ヒップの●●●部分を舐めまくったのだが・・・


あまりの恥ずかしさに顔を埋めながら悶えていたほど。

他には足の裏の愛撫も紹介されているが、
これは個人的には衛生上どうしても躊躇してしまう。

1回舐めて、終わりという感じ(笑)。

なので、ここは特に好き嫌いが分かれるところだろう。

太腿に関しては鉄板の部位であるので、
躊躇なく舐めていくことが正解。

また、お腹の愛撫解説の中で、
お腹の中でもある場所に特化した
愛撫の紹介もされている。

ここを感じる女性は少ないとのことだが・・・
経験上で言うと、くすぐったがったり、
舐められるのを痛がられることもあった。


■実演&解説:03(24分50秒)



待ってました、ビキニライン(そけい部)

最近、この部分を舐めることにはまっている私、

どう考えても、いやらしい(笑)。

パンツの跡に沿って舐めまくるのがポイントで、
動画を見れば分かるが体をビクンビクンさせて
感じまくっているのが手に取るように分かる。

次に、わき腹の舐め方に関しては、
●●と●●の間に中指を置いてやるのが効果的。

まさに、合わせ技だね。

おっぱいの愛撫に関しても同様で、
ある場所に左手の中指を置いたまま吸いまくっている。



愛撫に関しては島袋浩さんのテクニックが最強だと
思っているのだが、小技という視点ではこの教材は
群を抜いていると言えるだろう。

後半は、いよいよ性器に突入。

小陰唇、大陰唇、膣前庭部の舐め方。

ここでは、模型での分かりやすい解説の後、
実践の流れとなっている。



■実演&解説:04(16分8秒)

いよいよ、クリトリスに突入。

クリトリスに触れる時は、縦に指を動かすか、
横に指を動かすのか、その答えがようやく見つかった。


単純に、縦。
単純に、横。

それは残念ながら不正解である。

何となくやっていた人は、ここで
正解に気付くこととなる。

まさに縦横無尽な指使いでクリトリスを
責めまくって、女もイキそうになっている。

画像は、クリトリスにおける第3の性感帯について。



ここを集中攻撃するとほとんどの女がイクという。

膣の愛撫編では、Gスポットの解説も。

「Gスポットの場所が分からないけど、今さら聞けない」
といった人は、ここでしっかりと学習しよう。



■実演&解説:05(18分43秒)

最後は、いよいよ挿入シーン。

セックス動画教材では何度もこういったシーンは見ているが、
それでもこのシーンになると自然と勃起してしまう私。



見る限り疑似挿入ではないので安心して欲しい。

また、ポイントとしては挿入しながら
体の一部を愛撫している点にあると思う。

女からすると、まさに一粒で二度美味しい状況。

また、8分40秒くらいに出てくる、
バックの態勢で●●●●●愛撫も
同時にやるという合わせ技。


これは自然と、教材を見る前から私自身
身に付けていたテクニックだった。

だが、できている人はほとんどいないだろう。

正常位+愛撫・・・2種類
バック+愛撫・・・4種類


の実践シーンを見ることができた。

騎乗位の態勢での愛撫はないのか?と
思った読者もいるかも知れないが、冷静に考えて欲しい。

騎乗位というと男は寝そべっている状態なので、
愛撫などできるものではない。

個人的には、バックでの●●●愛撫や、
私もやっていた●●●●●愛撫。



それから、正常位での脚の愛撫は
非常に興味がそそられたという感想。

美脚女性の脚を舐めまくるのもいいだろう。




最後に、最終結論になる。


Masters’eye ~最終結論~


タイトルに「第3の性感帯」とある通り、
意外な性感帯の場所解説&実践に特化した内容になっている。

ただ、キスからセックス終了後の後戯まで、
一連の流れの中で実践されているので、
一般的なセックス商材とそこは変わらない。


本教材は、女とのセックスをさらに追及していきたいと
いった人向けであると思った。

Gスポットの場所、クリトリスの場所も分からない、
という人はスルーすべきで、これまでのセックスでは
満足がいかなくなった、さらなる上達をと思っている人向き。

実際、上半身、下半身に限らず、愛撫のバリエーションが増え、
女の体と心をより満足させられることは間違いないだろう。

また、販売元のジャパンダイレクト企画の特徴として、
同社のセックス商材全般に言えることだが、
女の体の部位に関しての解説は非常に細かい。


セックスのやり方や愛撫の仕方を、男優と女優が掛け合いで
楽しい雰囲気の中実践するものではなく、より専門的な
視点で語られていると言っていいと思う。

登場する女性(今回は元風俗嬢)が毎回、
用意された台本を読みながらというのは
好き嫌いが分かれるところかも知れないが。

また、今回いいと思った点がある。

実演動画シーンの中で、「次の解説まで残り・・・」と
画面上にカウントダウン表記が表示されるのだ。


レビューする立場ではなく純粋に見る立場だったとしても、
「このシーンはあと何分あるんだろう」と気になることも
きっとあるのではないかと思う。

そういったストレスを取り除く、
見る側に立った映像であると感心した。


では続いて、採点をしていきたい。


Masters’eye ~採点~


【再現性】★★★★★★★★☆☆
解説→実演の流れが見やすくていいし、
分かりにくい箇所は模型を使って解説されている。

【独創性】★★★★★★★★★☆
まったく新しいアプローチ、というよりは、愛撫部分を
さらに掘り下げたイメージであるが、新発見も多かった。

【価格妥当性】★★★★★★★★☆☆
価格的には平均的と思っていいだろう。

【満足度】★★★★★★★★☆☆
意外な性感帯を知れたのは、コアなセックス追求者である
私としては嬉しかった。主演女性は、AV女優と比べると
見劣りするのは確かか(好みにもよるが)。

【総合評価】★★★★★★★★☆☆
セックス分野においてニッチな視点で取り組む姿勢も評価できる。

気になる点数だが、82点としたい。


レビューは以上である。

最後に、当ブログ限定特典に関して。


私から、超豪華特典を用意しています





下記リンクから購入された方には、
オリジナル超豪華特典をプレゼント。


第3の性感帯シークレット動画講座特典付きリンクはこちら

恋愛マスター豪華特典はこちら
↑プレミアム特典を追加しました。




コメントを残す

このページの先頭へ