スマートフォン解析

【豪華特典】だめんずうぉ~か~のくらたま先生に「すごい!」を連発させた男のノウハウ「禁断のハメ撮りマニュアル」 レビュー

この記事の所要時間: 1316

禁断のハメ撮りマニュアル


『禁断のハメ撮りマニュアル!だめんずうぉ~か~のくらたま先生に「すごい!」を連発させた男の最凶ノウハウ』

著者:Sai、楳之和充
ジャンル:セックステクニック系
分量:PDF128ページ


■今回の購入理由

ハメ撮りスキル向上のため。


今回は、sai氏によるハメ撮りマニュアル。


ハメ撮りに関する特典も配布している私。


だが、彼が128ページにも及ぶ内容を記述していると知り、
その内容に深く興味を持ったものだ。



ナンパで連れ出した女をホテルに連れ込んでセックス、そして盗撮。

彼女やセフレとの濃厚なセックスの一部始終を収める。


きっと、潜在的に興味がある人も多いだろう。


しっかり、レビューしておきたい。



黒瀬翔の一刀両断!

一刀両断

「専門的なノウハウを語らせたら天下一品、ハメ撮りのバリエーションが広がること間違いなし。」by黒瀬


では、目次から見ていこう。


目次


禁断のハメ撮りマニュアル
1.ところでハメ撮りって何?
2.ハメ撮りの真実
3.ハメ撮りに適したカメラの秘密
4.ハメ撮りの種類
5.ハメ撮り魔法[起承転結]
6.【起】!ノーマルショットフェーズ
1) フェーズの説明・目的など
2) カメラが今、たまたまそこにあるという自然さを演出
3) まずは●●ショットにチャレンジ
4) 次に●●●ショットにチャレンジ
5) 最後に●●ショットにチャレンジ
6) 女の子の対ハメ撮り体質を分析する
7.【承】!挿入キスショットフェーズ
1) フェーズの説明・目的など
2) 挿入キスショットにチャレンジ
3) ハメ撮りの理由を明らかにする
4) ハメ撮りへの不安を取り払う
5) 女の子を興奮状態にみちびく
6) 女の子のハメ撮り耐性をつくりだす
8.【転】!ハメ撮りショットフェーズ
1) フェーズの説明・目的など
2) まずは●●を1人で撮影する
3) ハメ撮りショットにチャレンジ
4) 女の子に仕事を与える
5) 女の子を興奮状態にみちびく
6) 次は●●●ハメ撮りにチャレンジ
7) 慣れたら●●●ハメ撮りに挑戦
8) 上級画像、フェラチオ撮りに挑戦
9) 最上級画像、オナ○ー撮りに挑戦
10) レーザーサイトで狙いを定める
11) ハメ撮り即OKへの隠れ道とは?
12) 各種ハメ撮りを作成する
9.【結】!後始末なごみフェーズ
1) フェーズの説明・目的など
2) 女の子の視界から●●●●を外す
3) ●●●●突入でハメ撮りを忘れさせる
4) 門外不出であることの宣言
5) ハメ撮りはハメ撮りにあらず
6) ハメ撮りショットを保護する
10.6つのハメ撮り裏魔法
1) 裏魔法の説明・目的など
2) ●●●抜きテクニック
3) 手持ちダマシ撮りテクニック
4) 据え置きダマシ撮りテクニック
5) ダマシ撮りのかくれミノ、クレードル
6) Webカメラダマシ撮りテクニック
7) バック隠密撮りテクニック
8) ナイトショット隠密撮りテクニック
9) ナニがナンでもハメ撮り裏魔法
11.ハメ撮りお役立ちノウハウ
1) ハメ撮りお役立ちノウハウの説明・目的など
2) ゼッタイに忘れてはいけないリスク管理
3) よりナチュラルなハメ撮りを撮影するコツ
4) 究極アイテムを活用!さらなるハメ撮りエンジョイ法!
5) 本気オナニー誘発!?ハイブリッドトラップ法
12.さいごに



続いて、中身を見ていきたい。


Masters’eye ~詳細レビュー~




1.ところでハメ撮りって何?

ハメ撮りについての解説。

世間一般でイメージするような、女に挿入している
状況を隠し撮りしたものだけはハメ撮りではないですよ~と。


2.ハメ撮りの真実

ハメ撮りに存在するハードルに関して解説されている。


3.ハメ撮りに適したカメラの秘密

ハメ撮りに適しているカメラはずばり、●●●●とのこと。

個人的観点では、こだわる必要はないと思うが。


4.ハメ撮りの種類

3つのハメ撮り法について書かれているが、
いわゆる隠し撮りがないのが残念。

3つの方法とは、

正攻法⇒ハメ撮り魔法【起承転結】
邪道法⇒6つのハメ撮り裏魔法
ハメ撮りいたずら法⇒ハメ撮りいたずらノウハウ

と置き換えられている。


5.ハメ撮り魔法[起承転結]

まずは正攻法から。

4つのステップの解説。


6.【起】!ノーマルショットフェーズ

1) フェーズの説明・目的など

このフェーズの説明。


2) カメラが今、たまたまそこにあるという自然さを演出

カメラを自然な感じで鞄から取り出し、
違和感がない雰囲気を演出するやり方。

トーク例も書かれているのだが、
これは実際に使えると思った。


3) まずは●●ショットにチャレンジ

そして、ハメ撮りに移行する前の準備段階としての
ショットが、いわゆる●●ショット。

確かに●●ショットなら嫌がられる確率は低いので、
手順としては私も正しいと思う。


4) 次に●●●ショットにチャレンジ

ここではより発展的なアクションを起こすように
マニュアルに書かれているが、これは女がこちらを
よほど気に入っていない限りはやらなくてもいいだろう。


5) 最後に●●ショットにチャレンジ

●●ショットの後は●●ショット、という流れも書いてある。


6) 女の子の対ハメ撮り体質を分析する

ハメ撮りに対する女のタイプ分類。


7.【承】!挿入キスショットフェーズ

1) フェーズの説明・目的など

エロい撮影にもっていくための段階。


2) 挿入キスショットにチャレンジ

これはなかなか巧みかつ匠。

ハメ撮りなのにハメ撮りじゃない雰囲気。


3) ハメ撮りの理由を明らかにする

ハメ撮りする理由、撮影した写真をどうするのかを
聞かれた時の切り返しトーク(笑)

これは非常に無難な回答。

3つ解説されているうちの1つは、
私も結構よく使う文句である。


4) ハメ撮りへの不安を取り払う

これも、言っておくとよりベター。

変な疑いを持たれにくくなる。


5) 女の子を興奮状態にみちびく

これもなかなかハメ撮りに慣れていないと
出てこなさそうなアクションと言える。

あるアクションを取って、女を興奮させ、
その後の更なるハメ撮りへスムーズに
移行しやすくしている。


6) 女の子のハメ撮り耐性をつくりだす

なるほど。

これまで最初から局部のハメ撮りしか考えていなかったので、
この発想はなかったが、今後活かしていきたい。


8.【転】!ハメ撮りショットフェーズ

1) フェーズの説明・目的など

このフェーズの説明。


2) まずは●●を1人で撮影する

実に用意周到(笑)

まあ、ここまでやると相手はそのトラップから
逃れるのは困難になるだろう。


3) ハメ撮りショットにチャレンジ

いよいよ、ハメ撮り。

接合部の撮影方法と、何か言われた時の
切り返しトークに関しての説明。


4) 女の子に仕事を与える

●●●●のポーズはかなりエロい。

女にも洗脳トークを交えながらハメ撮りを協力させる、
一連の流れが解説されている。


5) 女の子を興奮状態にみちびく

言葉責め。

Mの女であるほど効力を発揮するだろう。


6) 次は●●●ハメ撮りにチャレンジ

この体位でのハメ撮りは興奮する。

順序がキーポイントとのこと。


7) 慣れたら●●●ハメ撮りに挑戦

個人的には最も好きなアングル。

巨乳の女であれば興奮度はMAX。


8) 上級画像、フェラチオ撮りに挑戦

確かに、これはハードルが高そう(笑)

だが切り抜ける方法も書かれている。

フェラチオのハメ撮りは撮ったことがなかった分、
素直に今後やってみたいと思ったね。


9) 最上級画像、オナニー撮りに挑戦

これもいい、征服感があるね。


10) ●●●●●●●で狙いを定める

被写体をクッキリ写すことができる
カメラの機能、●●●●●●●に関しての解説。


11) ハメ撮り即OKへの隠れ道とは?

イケメンは有利、セックス上手は有利、
女が酔っぱらっている場合は有利に働くということ。


12) 各種ハメ撮りを作成する

図を用いて、おさらい的な内容。


9.【結】!後始末なごみフェーズ

1) フェーズの説明・目的など

ハメ撮りへのマイナス意識を少なくする、または除去すること。

2) 女の子の視界から●●●●を外す

これはやるべきでしょう。


3) ●●●●突入でハメ撮りを忘れさせる

悪い男だね~、saiって男は(笑)

確かにここまでやると忘却の彼方に向かいそう。


4) 門外不出であることの宣言

撮った写真をどうするのか問い詰められた時、
どんな切り返しをすれないいかに関して。

ただ、ここで解説しているsai氏の回答だと、
墓穴を掘る可能性もなきにしもあらず。


5) ハメ撮りはハメ撮りにあらず

まあ、惚れさせれば勝ちってとこだろうか。


6) ハメ撮りショットを保護する

このフェーズのまとめ解説。


10.6つのハメ撮り裏魔法

1) 裏魔法の説明・目的など

ハメ撮りを残すことが困難な女に直面した場合。


2) ●●●抜きテクニック

実に悪質と言うか、ずる賢い。

これでほぼ問題なく、バレないとは思うが、
一部の賢い女の場合は気付くこともあるかも。

まあ、90%以上は大丈夫だろう。


3) 手持ちダマシ撮りテクニック

これもずるい(笑)

こちらの方がバレるリスクは高そうだが、
これなら最初からハメ撮り拒否、という
女の場合でも半強制的に撮影できるというメリットがある。


4) 据え置きダマシ撮りテクニック

これもいいね、いわゆるAVとかに出てくる
ハメ撮りの撮影ができるのがこのやり方。

バレる可能性は高くないと思うが、
バレた場合のリスクは大きそう。

冷静に対処する余裕が必要だろう。


5) ダマシ撮りのかくれミノ、クレードル

これは、より勘のいい女の場合の対処法。


6) Webカメラダマシ撮りテクニック

これもバレにくい。

が、ここまでいくと犯罪なので気を付けたい。


7) バック隠密撮りテクニック

これは私がよくやる手法。

バレたことは一度もない、と思う・・・。

初心者に適した方法とも言えるだろう。


8) ナイトショット隠密撮りテクニック

これこそ犯罪系ハメ撮りの王道という感じか。

暗所でも撮影ができる方法になる。


9) ナニがナンでもハメ撮り裏魔法

まとめ。


11.ハメ撮りお役立ちノウハウ

1) ハメ撮りお役立ちノウハウの説明・目的など

その他ハメ撮りノウハウに関して。


2) ゼッタイに忘れてはいけないリスク管理

盗撮の現状と法律やリスクに関しての解説。

盗撮や盗聴自体を取り締まる法律がないというのは意外だった。


3) よりナチュラルなハメ撮りを撮影するコツ

確かに素の状態を撮影できるが、犯罪スレスレでもある。

書いてあるように、デリヘル嬢にも応用できる。


4) 究極アイテムを活用!さらなるハメ撮りエンジョイ法!

ハメ撮りに使える業務用アイテムの紹介。

実に小型で、バレにくいものになっている。

購入できるネットショップも書いてあるのだが、
ここまで書いておいて変な使い方をしてはいけませんって、
それは言ってることと矛盾してるでしょう、とsai氏に言いたい。


5) 本気オナニー誘発!?ハイブリッドトラップ法

いや~、よくここまで考えたねと頭が下がる。

オナニーに使える道具と超小型カメラについて
写真入りでの説明となっている。

ただ、オナニーの隠し撮り。

これは一歩間違えば犯罪なので注意したい。


12.さいごに

同意の上でのハメ撮り、やはりそれがいい。


では続いて、採点をしていきたい。


Masters’eye ~採点~


【再現性】★★★★★★★★★☆
ここまで細かくハメ撮りを解析したものは他になく、内容も具体的。

【独創性】★★★★★★★★★☆
ハメ撮りに特化している点と、内容もオリジナリティーが高い。

【価格妥当性】★★★★★☆☆☆☆☆
価格、できれば1万円台に抑えて欲しかった。

【満足度】★★★★★★★☆☆☆
音声や動画の解説、なくても成り立つ教材だが、
盗撮の音声等はあってもよかったのではないか。

【総合評価】★★★★★★★★☆☆
価格分がマイナスになってしまった。


最後に、最終結論になる。


Masters’eye ~最終結論~


お見事。

そう言っていいくらい、ハメ撮りに関して熟知した著者が
その方法を惜しみもなくすべて語ってくれたという印象。

セックス済みの女、あるいは確実にセックスできる相手にしか
使えない方法であり、女を落としたい人は他の教材も購入する
必要があるのは注意が必要だが、単体で見た場合精度が高い。

単なる隠し撮りでハメ撮りをするのではなく、
合意の上でハメ撮りする方法がメインとなっている。


しかも、最初からセックスの状況を撮影するのではなく、
最初はソフトな撮影から入り徐々に要求レベルを上げていく。

心理学的なテクニック要素も入っているのだ。

これなら、よほどSっ気が強かったり警戒心が
強い女以外ならハメ撮りがうまくいくと思う。

ハメ撮り成功させるための誘導トークはもちろん、
何か言われた時の切り返しトークについても言及
されているので、口下手な男性にも頼れるマニュアルと言える。

マニュアルが後半になるにしたがって、犯罪チックな
ノウハウや機材も紹介されており、この辺りは個々の
判断に委ねられる部分は大きいだろう。

ハメ撮り成功確率を高めるだけでなく、
多種多様なハメ撮りを楽しむための教材。

そう理解できると思った。


やはり、sai氏は専門的なノウハウを語ると強い。

総合得点は78点としたい。

価格を度外視するなら(気にならないなら)
80点オーバーと考えてもらえるといい。


レビューは以上である。

最後に、特典に関して。


私から、超豪華特典を用意しています





下記リンクから購入された方には、
オリジナル超豪華特典をプレゼント。


だめんずうぉ~か~のくらたま先生に「すごい!」を連発させた男のノウハウ「禁断のハメ撮りマニュアル」特典付きリンクはこちら

恋愛マスター豪華特典はこちら




コメントを残す

このページの先頭へ