スマートフォン解析

AV(アダルトビデオ)のセックステクニックは実用性があるか?

この記事の所要時間: 29


アダルトビデオでセックスを学ぶ若者たち

この国では、授業でセックスを教えるという慣習がない。

諸外国では当たり前のように教えることがあったとしても、
日本では教育上ふさわしくないとされるのだ。

まるで、臭いものを蓋をするかのごとく。

だが、それではまともな性教育がなされるわけがない。


では一体若者はどこからセックスを学んでいるか?


これは簡単で、実際に自分で身を持って覚える以外で言えば、
アダルトビデオやアダルト動画といった媒体からである。

それが決して悪いとは言わない。

仕方がないのだ。

他に知識を得る術はないから、
AVから学ぶというのは決して悪いことではない。


だが、勘違いをしてしまっている男性があまりに多い。

セックステクニックについて。


例えば、

・AVの影響で無理やり潮を吹かせようとする
・射精のタイミングでお腹や顔にかける


これらはAV特有の世界。

プロレスと一緒で見せ物的な要素なのだ。

にも関わらず、「これが正解」だと信じて疑わず実践したがる、
そんな若者が実に多いことか。


はっきり言う。

やればやるほど、女には嫌われるし、心が離れるだろう。

大事なのは体を抱く、テクニックを駆使することではない。
まずは心を抱くことが先決なのだ。


当然、そのためには前戯だってすべきであるし、
女を気持よくさせるためにクリトリスをずっと触ったり、
奉仕していく精神が大事なのは言うまでもない。


王様気分になってフェラチオを強要したり・・・

そんなもの馬鹿げているし、まず女を満足させるべきなのだ。

潮吹きとイクはイコールではないにも関わらず、
潮吹き=イクだと勘違いしている男も多いだろう。


そういったところから、まずは正していくべき。

世間に溢れている偽物に騙されてはいけない。



あの加藤鷹だって、こう言っているのだ。

「私はプライベートで指なんて入れたことないですよ」と。

紳士であり、かつ真摯であること。


AV男優ですらプライベートなセックスは別物であり、
非常にねちっこいものであるのだ。

そして実はそんな、プライベートなセックススタイルを
開放してくれたセックス動画ノウハウが存在する。

それが、こちら

体ではなく心を抱く。

女の扱い方を存分に学ぶチャンスである。




コメントを残す

このページの先頭へ