スマートフォン解析

グダ崩しとレイプは紙一重という事実

この記事の所要時間: 116



えっ、それってレイプでしょ。


実は、そう言われてもおかしくないことが
この日本社会で繰り返されていることは事実。

どういうことか?

よく、ナンパ師が言っている発言であるだろう。

ナンパ師が自身のナンパブログで、
「グダを崩してゲット」と書いているのを見るのは珍しくない。

だが、よくよく見てみると・・・

女が酔っぱらった状態で、同意もクソもなく手マンで
感じさせ無理矢理挿入しているケース。

また、グダってきたら逆切れしたり、力ずくで
感じさせ観念するまで集中攻撃する手法。

そんなことが、許されていいはずがない。

だが、まかり通っているという現実があるのだ。

最もこれは、ナンパに限った話ではないが、
ナンパという一夜限りであったり希薄な関係で
あるからこそ起こりやすいこととも言えるのだ。

“嫌よ嫌よも好きのうち”という言葉があるが、
本当にそうなのかを見極める目も必要。

「イヤ・・・」、「ヤダ・・・」。

これらの発言をする時実際にダメではないことは多いが、
「無理」、「帰る」等の言葉を頂戴した場合は、
相手は嫌がっているので引き上げるようにして欲しい。

恋愛にもセックスにも、最低限のルールがあるはずだ。

仮に恋愛やセックスがゲームだとしても、
力ずくでやるのは明らかなルール違反。

そのことを心して行動して欲しいと思う。



コメントを残す

このページの先頭へ