スマートフォン解析

引退する加藤鷹にセックスの新境地を教えてもらった

この記事の所要時間: 12



遂に、引退することが決まった加藤鷹

年齢を3歳サバを読むという年齢詐称も
明るみになった彼だが、彼のセックスに
対するこだわりには凄まじいものがある。

先日彼がインタビューを受けている雑誌を読んでいたのだが、
そこに興味深い内容が書いてあった。

なんと彼、私生活では手マンを一切しないのだそうである。

あの、ゴールドフィンガーという異名を誇る加藤鷹がである。


どうにも、繊細な場所に手を突っ込むという行為自体が
粗末に扱っているという感じなのだという。

意外な素顔、プライベート、紳士である。


驚愕だったのが、女性をイカせる必要はない、
イカせようとすることがそもそもエゴだという発想。


スローセックスという言葉があるが、愛情を注いで
セックスをすれば女は感じるものなのだ。

一流だけあって、心と心のつながりを重視している点が凄い。


無理にイカせよう、潮を吹かせようとするのではなく、
愛情を注いで一緒に気持ち良くなることを目標にする。

私のセックスの価値観もアップデートしてみたいと、
そう思わせてくれた彼の発言であった。


コメントを残す

このページの先頭へ