スマートフォン解析

スパンキングの方法!お尻の叩き方解説

この記事の所要時間: 131



スパンキングってなんだ?

そう思った読者も大勢いるだろう。


スパンキングとはずばり、セックスの時に
バックの四つん這い体位で挿入しながらお尻を叩く行為。


やりようによっては、このくらい真っ赤腫れる。

スパンキング


ここまでやると痛いだろう。

女が可哀想・・・。


そう思ったかも知れないが、ドM体質で、
お尻を叩かれることに激しく感じる女も存在するのだ。


実は私も、Mの女に対してはセックス時に
スパンキングをやることはよくある。

それによって、「あんっ!」とか言いながら
激しく感じる女がいるのだからやめられない。


では、スパンキングのコツに関して解説しよう。


まず、お尻を叩く時は、

ドンッ!という感じで鈍器で叩くように鈍い音を出すイメージではなく、
パン!パシッ!という音が出るようにスナップを利かせて叩く。

漫才師でツッコミの方がボケの頭をバシッと叩くかの如く、
小気味よく叩くようなイメージ。

手の平の上半分で叩くようにしよう。


叩かれて極端に痛がったり嫌そうにする女は
そもそもM体質ではない可能性があるので、
その場合は諦めることも肝心。

逆に感じるようであれば叩き続ければ、
その度に体がビクッと反応したりするだろう。

ピストン運動とスパンキングのセットで女はかなり欲情する。


さらにセックステクニックを上達させたければ、
こちらの教材で学ぶのをお薦めしたい。


なお、スパンキングに関しては動画でもさらに詳しく
解説しているので、参考にしてもらえればと思う。

以上、参考になれば幸いである。


●スパンキング解説動画




コメントを残す

このページの先頭へ