スマートフォン解析

【超豪華特典】“あなたのファンがどんどん増える” ユーモア・コミュニケーション ~笑いの会話術~ レビュー

この記事の所要時間: 825


ユーモアコミュニケーション


著者:山崎秀隆
ジャンル:会話テクニック系
分量:PDF250ページ


今回レビューする教材であるが、
ユーモアコミュニケーションになる。

これは、笑わせ方に特化した教材。

笑わせるためのマインドや笑わせるパターンが
事細かに書かれている。

木多崇将氏の『人に好かれる会話術』という
教材があるが、あれと似ている部分も多い。

それでは、恒例のこちらからいってみよう。


黒瀬翔の一刀両断!

一刀両断<br />

「笑いの例文が非常に多いので実践しやすい、クオリティもそこそこ。」by黒瀬


では、中身を詳しく見ていきたい。


セールスレターを厳しい目でチェック!



それでは、詳しい個別レビューに移っていこう。


『ユーモア・コミュニケーション~笑いの会話術~』の詳細レビュー


■Humor Communication 0 Index

ここは、目次が書いてある。


■Chapter1 ユーモア・マインド

マインドの大事さについて。

そしてどうやって、自らがユーモアをもった
人物だと自らに認識付けていくか。


●ユーモア・冗談は皆が大好きな非日常の世界、これを楽しむ

ユーモアがもたらす周りへの影響に関して。


●自分は絶対に●●●●●●だと信じる

こう信じることで自信になるだろう。


●子供心、イタズラ心を持つ

こういった遊び心も大事。


●枠から外れる

意外性ということ。


●イメージして描く

具体性を伝えること。


●相手に興味を持ち、キャラ、感情、考えを理解する

興味がないと始まらない。


●過剰な自意識・プライド、カッコつけ、恥ずかしさを捨てる

これは絶対に捨てた方がいい。

私はこれの塊のような人間だったがゆえ、
人間関係で損失を被ったと今でも反省している。


●開けっ広げ、本音で話す

例文があまり笑えなかったが、
本音を語ることはいいと思う。


●快活に話す

話し方は大事、これで180°変わる場合も。


●(自意識から来る)●●笑いをしない

これをやるとしょぼく見えてしまう。


●丁寧過ぎない、少し図々しく強気になる

笑わせるのならそのくらいの方がいい。


●普通の人が言いにくいこと、タブーも大胆に言う

マツコデラックスや有吉みたいなイメージだね。


■Chapter2 笑いと好印象を生む8つの要素とテクニック

●滑稽さ1 自虐

自虐ネタの例が書いてある。

自虐ネタ=失敗談と捉えるといい。


●滑稽さ2 滑稽なもの・ことを話題にする

これは他者の面白い言動等をテーマにするので、
自虐ネタよりは多少トーク力が必要か。


●滑稽さ3 有り得ない滑稽なことを言う=ボケ

これは5「例え」、6「ボケ」に記載してある。


●滑稽さ4 見た目、話し方(視覚・聴覚)の滑稽さ

物真似やグッズについては、実際に使用する
シチュエーションが限定されそうで、場所を考えること。

アマゾンサイトで販売されているある
グッズが紹介されてある。

これは、デート等に着けていくと変な人になるので、
どちらかと言うと忘年会とか向けと思った。

あとは、名前の呼び方。

これはこれで、いいあだ名の付け方だと思う。

滑稽な言葉、方言、滑稽なキャラクターの使い方に関しても。


■Chapter2-2

●繰り返し、関連付け

繰り返しに関しては、天丼的な発想。

間違いなく笑いが取れる。

時事ネタも笑いが取れやすいが、
書いてある例はちょっと時代背景が古い気が(笑)


■Humor Communication 2-3 Act

●演技力1 ものまね、演じる

これは似ていれば笑いが取れそう。

相手が知っている人物の物真似か等も大事。


●演技力2 ボケる

これは別章を参照。


●演技力3 ノる

これは一方的なトークではなく会話の中からの
流れになるので、臨機応変さが必要。

例として書いてあるのはサッカーの
インタビューを振られた時など。


■Humor Communication 2-4 Nonverbal

●視覚・聴覚・感覚1 リアクション

これは非常に大事。

大袈裟でいいのだ、その方が相手に伝わる。


●視覚・聴覚・感覚2 感情表現

例えば、美味しいものを食べた時の表現など。

感情表現も、女性に対しては特に意識すべきポイント。


●視覚・聴覚・感覚3 言い方、動き、ジェスチャー、アクション

これも確実に笑いが取れるパターンだが、
やや機転が必要な感じではある。


●視覚・聴覚・感覚4 間・テンポ・タイミング

これもなかなか面白い。

例文もいいね。

間を空けるやり方に関しては、
ツッコミ担当がいた方がいい。


●視覚・聴覚・感覚5 口調、トーン

これだけで受け手の印象が変わる。


●視覚・聴覚・感覚6 擬音語・擬態語

宮川大輔の例。


●視覚・聴覚・感覚7 音がおもしろい言葉

ここでは、ケンドーコバヤシの言葉について。


■Humor Communication 2-5 Nonverbal

●笑いを生み出す要素5 例え

漫才的な笑いの取り方。

個人的には、角張った顔をしていた人の名前を
思い出せない時の一言が面白いと思った。


●例え2 擬人化、擬物化

これは笑いと言うより、柔軟な発想を
もった人なんだなという印象をもたれるだろう。


■Humor Communication 2-6 Boke

●笑いを生み出す要素6 ボケ

緊張と緩和や省略・スキップ、矛盾内包、
飛躍・すり替え、逆行・反転、非常識、
尺度ズレ、思い込みといったテクニックの紹介。

書いてある例文が豊富でいいね。


■Humor Communication 2-7 Tsukkomi

●笑いを生み出す要素7 ツッコミ

これは結構高度な部類。

「なんでだよ!」「なんでやねん!」的な
ツッコミはまだやりやすいと思うが。

凝ったツッコミが豊富に書いてある。


■Humor Communication 2-7 Tsukkomi

●笑いを生み出す要素8 下ネタ

これは使えるシチュエーションは限られる。

紹介されている動画が現在は閲覧できなく
なっているのがちょっと残念。


■Humor Communication 3 Topic

■Chapter3 話題の見つけ方

●LEVEL1:信頼関係を作る

ただ笑わせればいいのではないと書いてある。

相手のことを知って分析して。


●LEVEL2:会話を盛り上げる

旅行、子供の頃の話、食べ物、
失敗談、心理テスト、ペット等に関する
相手が興味ある話題での盛り上げ方。


●LEVEL3:ユーモア・コミュニケーション

ユーモア・コミュニケーションの説明。


■Chapter4 ユーモア脳を進化させる習慣

●ユーモア・マインドをいつも振り返る

振り返ること。


●いつもポジティブで楽しい気分を保つ

このマインドはかなり大事!


●できるだけおもしろい人、物とたくさん付き合う

とにかく色んなものを見ること。


●いつもユーモアアンテナを張る

これも同様。


●おもしろい感じたらメモを取る、要素分析する

私自身は他人のネタをメモった経験はある。

記憶に留めておくだけでは
忘れてしまうのでダメ。


●電車、風呂、空き時間で反芻、シミュレーションし、練り上げる

ここまで努力できると凄い。


●ユーモアを周りの人とシェアする

これも今だと、会話だけでなくツイッターや
フェイスブックでシェアするのがいいだろう。



では続いて、採点をしていきたい。


Masters’eye ~採点~


【再現性】★★★★★★★☆☆☆
事細かにケーススタディが書いてあるので実践しやすい。

【独創性】★★★★★★★★☆☆
笑いの取り方にここまで特化したものもそうそうはない。

【価格妥当性】★★★★★★★★★★
価格は許容内だと思う。

【満足度】★★★★★★★☆☆☆
内容としても笑わせるテクニックは使えそうで満足。

【総合評価】★★★★★★★☆☆☆


最後に、最終結論になる。


Masters’eye ~最終結論~


合コンやデート、対人関係の際に他人を笑わせたいと
考えている人のための教科書。

笑いの取り方を細分化して書いてあるので、
笑わせ方が分からない人にはいいだろう。

『人を笑わせる会話術』と比べると、
バリエーションの数では少ないが、
内容は好き好きと言えるかも知れない。

とりあえず、合格点は差し上げたい。


気になる点数だが、88点としたい。


レビューは以上である。



最後に、当ブログ限定特典に関して。


私から、超豪華特典を用意しています





下記リンクから購入された方には、
オリジナル超豪華特典をプレゼント。


ユーモアコミュニケーションの特典付きリンクはこちら

恋愛マスター豪華特典はこちら
↑プレミアム特典を追加しました。


コメントを残す

このページの先頭へ