スマートフォン解析

たった1回の電話で女性との恋愛距離を一気に縮める方法<出水聡-サトシ-の恋愛電話テクニック> レビュー

この記事の所要時間: 659

letter

『たった1回の電話で女性との恋愛距離を一気に縮める方法

著者:出水聡
ジャンル:会話テクニック系
分量:動画ファイル約100分(配送版は別途900円)


■今回の購入理由

新たな電話テクニックを手にするため。


毎月のように新商材を発表している
KABUTOの出水聡氏。

今回は、電話に関する会話教材。

メール全盛、あるいはLINE全盛の時代にあって
電話のテクニック教材というのはどうなんだろう?


と一瞬思ったのは事実だが、電話が強力な
コミュニケーションツールであることは間違いない。

私も、電話で女の好意を勝ち取ってきた経験があるから
そう自信を持って言えるのだ。

だが、ニッチな商材はそれこそ完成度が高くないと
高評価を与えにくいのも事実。

まずは、一言ずばり一刀両断から。


黒瀬翔の一刀両断!

一刀両断

「出水聡の良さがいかんなく発揮された低価格の良教材。」by黒瀬


それでは、詳しいレビューにいってみよう。


Masters’eye ~詳細レビュー~


review


■Part1 流れ(2分59秒)

part1

まずは、教材の流れの説明。


■Part2 恋愛電話の重要性(10分2秒)

part2

長電話をする人の割合や長電話のメリット等の解説。

特別な感情を生ませるために、
いかに●●●●を作っていくか。


また、電話は何時頃すべきであるかも
語られているが、これは想像通り。


■Part3 恋愛電話で得られるもの(4分50秒)

part3

3つのメリットに関して。

ただ疑問符として、そもそも電話した時点で引かれて
しまう可能性もあり、相手が出なかった場合等は
メールでフォローしないといけないと思うのだが・・・。


■Part4 恋愛電話の流れ(3分6秒)

part4

これから話す恋愛電話をするための流れ。

注意点や条件など。


■Part5 恋愛電話の前の重要性

part5

相手の●●●●●●を知ること、
これは確かに大事になってくる。

出水氏の語る通り、メールの●●●
電話してOKかの目安にはなるだろう。

その他、条件が4つ紹介されているのだが、
これは明確に定義付けられているのがいい。

ニュアンス、雰囲気でやるなと言うこと。


■Part6 恋愛電話の方法・仕方(26分58秒)

part6

●仲がいい場合

仲がいい場合の電話の掛け方。


●それ以外の場合

●●性や●●性、●●性、●●を付けること。

これらはあった方がいいと言えばいいが、
変にこだわる必要もないとは思う。


●長電話のコツ

まず、最初にある一言を言うべきだと
出水氏は言っているのだが、これは当たり前のこと。

ただ、コミュニケーション下手な人ほど
できていない場合も多いだろう。

目的の会話の前に冗談を言うべきで、
●●●●●高めに話すべきと言っている。

冗談は1パターンしか紹介されていないが、
この冗談は実際に試したところ普通に
受けたので、使えると判断していい。


●会話中にすべき話

話すべきトピックをいくつ、何分くらいの
長さで用意しておくべきか。


●比喩・比較・派生

これらを絡めて具体的にどんな会話を
すればいいか解説してくれている。


●具体的な会話例

具体的な会話例、褒め方がピックアップされている。

ただ個人的には、笑わせたい場合等は
自分の失敗談等も絡めた方がいいと思う。


その説明がないのは残念。



■Part6-2 恋愛電話の方法・仕方(29分42秒)

part62

いや~、これはなかなか良かった。

電話を掛けてから切るまでの一連の流れと、
具体的な会話例が全部収録されている。

まずすべきは前段トーク、これが15分以上。

そこから●●トークへと移行し、
その後に食事に誘うやり方。


普通に食事に誘うためだけに電話を活用するのだと
それほど距離は縮まらないが、これならかなり
濃い話をすることができる。

●●トークへの移行の仕方も自然であるし、
誘い方も相手に重い印象を与えない言い方。

極めつけは誘ってからの会話。

相手の女性心理などをよく考え
非常に練られた会話であると思う。


■Part7 恋愛電話のフォロー(7分17秒)

part7

これは必ずすべき。

そして、その後の連絡の取り方、メールのペースに
ついてもこのやり方でいいと思う。

4つの手に入る(女に与えられる)感情についても。


■Part8 最後に

part8

最後にメッセージ。

月間会員に関しても猛プッシュしている。



詳細なレビューはここまで。

続いて、電話テクニック教材の結論を述べておきたい。



Masters’eye ~結論~


そんなに特筆すべき内容でもないな・・・
と思った前半部分であるが、会話の具体例のあたりから
出水聡氏の真骨頂がキラリと光っている秀作。

私が最近、新規の女と電話することが多くなったのも、
この教材で学んだからだと告白しておこう。


「今の時代は電話よりもメールやLINEが普通」と
考えていたのだが、要は持っていき方次第な部分もあるのだ。

よく、恋愛商材の中で、アポを取る確率を上げるために
メールより電話が有効といった解説を目にしてきた。

“アポを取るためにはこんな話をすればいい”といった
ノウハウも目にしてきたのだが、具体的な、電話を掛けてから
電話を切るまでの流れを解説したものは珍しいと思う。

まず、電話を掛ける前に、掛けてOKな状況を
作り出すこと、見極めることの大切さに触れられて
いるのは評価できるポイント。

電話というのはメールやLINEと違い、
それだけでハードルが少し上がるものであるからだ。

電話をした理由付けであったり適度な冗談をいかに言うか、
この辺りも参考になるものであったと思う。

そして、Part6で解説されている電話の流れや実際のトーク。

これはテンプレートとしてそのまま活用することも
できるので、試してみるべきだと思う。

フックとなる最初のトークから恋愛トークに移行し、
そこから食事に誘ってクロージングトークをする一連の流れ。

この流れに沿って話をすれば、例えば合コンやパーティーで
連絡先を交換した際にそれほど好意を持たれていなかった場合でも、
この電話で好意レベルを高めることも不可能ではないと言える。

他の男大多数、と言うよりほぼすべてが
メールやLINEである今、電話にいかに
もっていくかを考えることも女を攻略する
近道のひとつなのだと考えさせられる。

アポ率を高めたい人だけではなく、
デートの前に好感度を上げておきたい、
デート成功率を上げたい男性にお薦め。



最後に、採点をしていきたい。


Masters’eye ~採点~


【再現性】★★★★★★★★★☆
まず、電話に出る関係を構築できていないと
水に泡になってしまうが、そこをクリアさえすれば。

【独創性】★★★★★★★★☆☆
電話という手垢の付いたツールだが、
こんな風に詳細に調理したのは評価できる。

【価格妥当性】★★★★★★★★★★
この価格設定は安い、お買い得だと思う。

【満足度】★★★★★★★★☆☆
価格的に多くは望めないのは百も承知だが、
価格が高くてもいいので実録音声は欲しかった。

【総合評価】★★★★★★★★☆☆
Part6のクオリティーを評価したい。


気になる点数を発表したい。


点数だが、86点とする。

たった1回の電話で女性との恋愛距離を一気に縮める方法<出水聡-サトシ-の恋愛電話テクニック>リンクはこちら

黒瀬翔共通特典はこちら
↑この教材は上記リンクの中にある「共通特典」のみ差し上げます

コメントを残す

このページの先頭へ