スマートフォン解析

【超豪華特典】うっかりハメちゃう、性欲トラップ~オンナ友達と、とりあえず一発ヤる技術 レビュー

この記事の所要時間: 1346

性欲トラップ

うっかりハメちゃう、性欲トラップ~オンナ友達と、とりあえず一発ヤる技術

著者:相沢蓮也
ジャンル:恋愛テクニック系
分量:PDF288ページ


■今回の購入理由

『いじる技術』、『だからおまえはモテないんだ、ヤれ!~ナンパ実録映像』で
ハイクオリティの恋愛商材を連発していた相沢氏の新作なので。



黒瀬翔の一刀両断!

一刀両断


「恋愛初心者からやり手のナンパ師まで参考になる実体験に基づいた性欲刺激テクニックが網羅されている。」


では、目次から見ていこう。

『女友達の「性欲」だけを刺激して都合良くセックスする方法』の目次


■はじめに

■第一章 女友達とセックスできるのか?

・20世紀に行われた、非人道的な実験
・とりあえず一発!!
・性欲を引き出すフレームワーク


■第二章 そもそも女性は何にムラムラするのか?

・女性用のエロ漫画から学ぶ
・肉体的な興奮と心理的な興奮
・4種類のリトマス試験紙
・『性欲』を認識させる
・2種類のアプローチ


■第三章 オンナの理性を取り戻す方法

・「表」と「裏」
・まずは正攻法から、攻略しときますか
・ちょっと卑怯な「裏」アプローチ


■第四章 女性の性欲を無理矢理引きずり出す方法

・いよいよ『性欲』に直接アクセス
・魅惑の視線
・吸い込まれそうな瞳
・エロ漫画の疑似体験
・死の要素
・ホラー、恐怖によるアプローチ
・暴力を見せる
・整理や排卵期
・暗示で性欲に働きかける
・食欲と性欲の関係
・お酒について
・性欲を刺激する香水の付け方
・車の活用
・重低音が性欲を刺激
・スポーツとセックス
・照明


■第五章 スキンシップから挿入までの流れ

・挿入までのステップとは
・18ステップの本質を理解する


■あとがき


続いて、詳細レビューをしていきたい。


Masters’eye ~詳細レビュー~


詳細レビュー

■はじめに

「愛」と「性欲」は異なるもの。

では、「恋」と「性欲」は?

このことに関してあるシチュエーションを
提示しての作者の持論が面白い。

そして、男も女も「セックスがしたい!」、
つまりは「恋」=「セックス」と定義付けている。

「性欲」を利用して、目の前の女と1発ヤルことが
この教材のテーマとなっているのだが、
冒頭の説明に相沢氏らしさ、味がある。




■第一章 女友達とセックスできるのか?

●20世紀に行われた、非人道的な実験

アメリカ・ペンシルベニア州のスワースモア大学で
行われた実験が紹介されている。

これも非常に興味深かった。

女性ならではの「理性」を取り除くことによって
初対面とのセックスも可能。

それには、●●性や●●性が強く作用しているとのこと。


●とりあえず一発!!

これを女友達にも応用可能。


●性欲を引き出すフレームワーク

男と女では性欲の質が違うと説明されている。

今後触れる内容に関しての説明も。


■第二章 そもそも女性は何にムラムラするのか?

●女性用のエロ漫画から学ぶ

いや~、この解説も素晴らしい。

女の性欲が男の性欲とどう違うか、
女が興奮する性的描写の例を用いて解説されている。

資本主義社会の市場にも触れるなど、
相沢氏の知的さも垣間見えるセンテンスである。


●○○的な興奮と○○的な興奮

男の場合はイコールだが、
女の場合は切り離して考えているらしい。

非常に理論的な解説。

年齢における男の価値、価値についても。


●4種類のリトマス試験紙

これも独特な表現。

セックスする価値があるかどうかを
女が判断するための価値基準と言えようか。


●『性欲』を認識させる

冷静な分析。

マッサージや心理学の吊り橋効果で
女性を興奮させられるかどうかは
●●的な興奮と●●的な興奮の距離を
結びつける作業が必要。



●2種類のアプローチ

性欲の本質に関するまとめ。



■第三章 オンナの理性を取り戻す方法

●「表」と「裏」

女をやるためのアプローチには2パターンあるとのこと。


●まずは正攻法から、攻略しときますか

女から見た男の容姿や態度等で、
減点対象になる例が合計36個も紹介されている。

爪の手入れ、口臭の手入れ、洋服のサイズや
アイロンを掛けること等、基本的なことがまず書いてある。

ちなみに、ここに載っていた歯磨き粉●●●●●の
チューブタイプを、私も早速アマゾンで購入。


「これは凄い!」。

翌朝に口臭が全然しない歯磨き粉ということで
さっそく使ってみたのだが、確かに効果覿面だった。

翌日の嫌な臭いから解放されたと共に、
これまで使っていたライオン製品をすぐに
ゴミ箱へダスターシュートで投げ込んだほどだ。

他には、ボディタッチがありかなしか、
女性の胸元やスカートの谷間、タイツを見る視線、
呼び捨てかちゃん付けか等の解説が面白かった。

ステレオタイプな意見ではなく、経験から
導き出された答えという印象で共感しやすい。


●ちょっと卑怯な「裏」アプローチ

こっちがどちらかと言うと、ナンパ師とかが
実践しそうなアプローチ法。

ユーモアの勢いだったり、酒を絡めて
女を誘導していく方法等になる。

特に使えると思ったのが、セックスを想定し
数時間前までに行う洗脳トーク。

要は、セックスのハードルを下げるために
どんなトークをすればいいかの実例が紹介されている。

言い方によってはあからさまになるのだが、
そうならないようなトーク例が見事。

4つ紹介されているので、
暗記してそのまま使うことをお薦めしたい。

また、家飲み等で自宅に連れ込んだ際に
●●●●●●というゲームをして女の
服を脱がせたりといった罰ゲームに持っていくやり方。


これは早速実践したいと思う。


■第四章 女性の性欲を無理矢理引きずり出す方法

●いよいよ『性欲』に直接アクセス

理性を攻略することに関してのおさらい。


●魅惑の視線

ん~、これはかなり高度な技。

バチッとハマれば濡れますとの解説。

ただし、好意レベルが髙ければということになるだろう。


●吸い込まれそうな瞳

これも初めて聞いたテクニック。

心理学的なものだが、相沢氏が適当に
考え付いたものらしい(笑)

変にスキンシップを取ろうとするものだと
警戒される恐れもあるので、たまには
こういった変化球もいいのかも知れない。

これも好意レベルが高いほど、
女はドキッとするだろう。


●エロ漫画の疑似体験

下ネタの引き出し方に関して。

かなりディープな会話例が紹介されているが、
これに女が答えてくれるなら、かなり好意レベルが
高いと言えるだろう。


●死の要素

これもディープ。

「死」と「性欲」に関しての著者の見解。

ここに賛同できるかどうかは置いておいたとしても、
看護師や介護職の女がエロいことに関する見解は
正解かは分からないがなかなか興味深い部分。


●ホラー、恐怖によるアプローチ

これは定番中の定番。

にも関わらず私は使ったことがなかった。

どうなんだろう、試してみたくなった。


●暴力を見せる

まあ、特に意識してまでそうすることはないと思うが、
心理学的にはホラーに似た効果なのだろうか。

ここで言う暴力とは何も、アクション映画等に限らず
いくつかのバリエーションが紹介されている。


●○○や○○期

これも一般的によく聞く話。

実際これに当てはまる女は性欲も増す女も
多いだろうが、相沢氏の説明がリアル。

6月1日にナンパした場合と6月15日に女を
ナンパした場合で女の反応が180°違う可能性に関して。

また、初デートでいい雰囲気になった場合の
注意点に関して等は、女の事情や感情を
よく理解しているという印象を受けた。

・ちょいちょい●●●みること。

・その●●は絶対に逃がさないこと


教材の中で赤字で書かれたこの部分が、
女とのSEXを目指す上での本質である。


●暗示で性欲に働きかける

これも、これまで幾つかの教材で
読んだことがあるテクニック。

だが、具体性ではこの教材は抜きん出ている。

とは言え、実際どうなのだろうか。

このテクニックは確かに女の性的欲求を
多少は刺激することにはなると思うが、
あえて使うこともないのでは?と思う。

それよりも、この教材内で既に出てきた
心理テクニック等の方が重要だと思う。


●食欲と性欲の関係

これもまあ重要度は低い気はするが、
覚えておいてもいいかなというレベル。


●お酒について

酒と催淫効果に関して。


●性欲を刺激する香水の付け方

これはなかなか面白い。

“香水を付ける体の部位”について。

「えっ、そんなところに付けるの?」と
私も意外であった。


●○の活用

これは凄い(笑)

●を活用せよと書いてあるのだが、
その力説具合が半端ない。


女を口説くために開発されたんじゃないか、
と相沢氏が語るくらい。

私の経験談からも補足しておこう。

●を活用すると、どことなく会話が
スムーズに運び、特別な空間をシェアできる。

ただの男から一歩リードできるとでも言おうか。

●はやはり強力な武器になる。


●重低音が性欲を刺激

これもかなりいい情報。

重低音の例として、ある音楽の掛かっている
クラブを利用せよと解説されているのだが、
これを先ほどの●にも応用すればいいと言う。

確かにこれは、効果あると思う(笑)

これは経験値がないと気付かないポイントだろう。


●スポーツとセックス

ステップ1.一緒にお酒を飲む

ステップ2.●●●●●●●●●●に行く

ステップ3.「汗かいたから」と言ってラブホに行く>


これは、2がキーポイント。

自宅に行く場合より、
ラブホの場合に使いやすいテクニック。

ラブホテルに行けるかどうかは、
1の盛り上がりだけでなく2での
相手との親密度が大きく影響してくる。


●照明

間接照明について、どんな色が
いいかの解説がされている。


■第五章 スキンシップから挿入までの流れ

●挿入までのステップとは

いきなり触ったりホテルに誘うと
警戒されたり気持ち割られる可能性が高い。

では、どうすれば?

ここでは、合計18のステップが紹介してある。


●18ステップの本質を理解する

セックスに持っていくまでのボディタッチの流れを
理解できていない人は必ず読んでおくべき項目。


必然性のある接触をいかにするかであったり、
居酒屋内でするべきスキンシップの手順の解説。

中でも、相沢氏は「●●●フェチ」という
設定に女の前ではなっているらしく、それを
理由に●●●を触るというやり方はうまいと思った。

これは思い付きそうで思い付かない。

すぐにでも実践したいと思う。

腰に手を回したりキスをする前に取るべき
手順が手に取るように分かるので、
女の前で大胆なアプローチができない人は
これで大方改善できるのではないだろうか。


■あとがき

最後に、教材に書いてある方法でどれを
実行するのが一番いいかに関してと、
過去に女を発情させた体験談に関して。



本編レビューはここまで。


それでは、読者の方々も気になっているであろう、
本教材の採点に入っていきたいと思う。



Masters’eye ~採点~


【再現性】★★★★★★★★★☆
NG例やボディタッチの流れなど、非常に細やか。

【独創性】★★★★★★★★★☆
ありふれた題材であるにも関わらず、独自の視点であったり
経験則からくるテクニックが満載。

【価格妥当性】★★★★★★★★★☆
個人的には、安いと思いました。

【満足度】★★★★★★★★☆☆
教材自体はPDFだけで完結できる類いのものではあるが、
これに実録音声等があれば尚良かった。

【総合評価】★★★★★★★★★☆
相沢蓮也クオリティといった佳作。


最後に、最終結論になる。


Masters’eye ~最終結論~


「性欲トラップ」という一見ありふれたタイトルから、
ありふれた内容であることも危惧したのだが・・・

その不安は冒頭部分から一掃された。

相沢氏の他の教材、例えば「いじる技術」にも言える
ことなのだが、テクニックが机上の空論ではなく
自己の体験談を元にしたものであるのが伝わってくる。


これは、非常に大事。

また、女の本質、性的な部分に関して等の
見解も冴えていて、普通に暮らしている男性が
見逃してしまいがちなポイントに目が届いている印象がした。


さて、内容に関しても触れておこう。

まず、288ページというボリュームは
教材内容的には十分合格点。


今流行りの動画であったり音声はついてこないので、
もしバージョンアップ版があるのならそのあたりも
お願いしたいが、これも、あれば尚いいというレベル。


冒頭から、女にとってのセックスと男にとっての
セックスの違いについての解説は目を引くものがあったし、
ある実験を例に出した、女がセックスしたくなる理由。

これに関しての踏み込んだ持論も興味深く読めた。


そして、具体的テクニック等。

どういった男がNG判定を受けるかに関しての
解説も分かりやすく、第三章に登場する
相沢氏愛用の歯磨き粉はすぐに取り寄せたほど。

教材内に購入ページへのリンクが貼ってあるので、
口臭が気になる人は検討してみるといいだろう。


特に印象的だったのは、デートの時に●を使うと
圧倒的に有利になるという事実と、その有利さを
さらに拡大させてしまう方法。


これは第四章に詳しく書いてある。

現在●を所有していない私だが、
セックス目的のためだけに購入してもいいくらい。


また、クロージングテクニック。

いわゆる、居酒屋個室等でボディタッチをしたり
距離を詰めていくために取るべき行動。

デートはできるけど、そこから付き合わず
セックスに持っていく過程が分からない・・・

といった男性はかなり多いと思う。

その悩みを根こそぎ剥ぎ取ってくれるような
ボディタッチの流れを順番に教えてくれる。

これがあれば、別途スキンシップ教材等を
購入する必要もないのではないかと思う。


恋愛教材の弱点として、こちらに全然興味のない
女に何をやっても効果薄、攻略は厳しいという部分は確かにある。

ビジネス教材と違って、読者を教育する、
等の時間的猶予は最初からないわけだ。


だが少なくとも、1対1でデートをすることができる関係、
そして普通に会話が成り立ち質問があったりこちらを
見て話をしてくるレベルの好意が相手にあれば・・・

この教材はかなり使えるとお墨付きをしておきたい。


最後気になる点数だが、88点としたい。


最終結論は以上。


今回は内容が良かったので、レビューにも熱が入った。



最後に、特典に関しても触れておこう。


教材付属特典について


この教材だが、下記の特典が付いている。


●特典1

特典

『1度セックスした女友達と、秘密のうちに都合の
 イイ関係を築き上げその後、後腐れなく関係を切る技術』


後腐れなくセックスをするというのを
高いハードルと思ってしまいがちな男は多い。

だが相沢氏のやり方なら、後腐れない関係でいて
何度もセックスを楽しめる位置に持っていくことができ、
完全に女をキープ化することができるだろう。


●特典2
メールサポート1か月

こちらは、1ヶ月間回数無制限のメールサポート。


●特典3
参加者さんからの質問・疑問を皆で共有する
アフターフォローの専用メルマガ

こういうのあると、確かにいい。

読者、購入者目線をよく熟知しているな~相沢氏は。



さらに私からも、超豪華特典を用意しています




下記リンクから購入された方には、
オリジナル超豪華特典をプレゼント。


うっかりハメちゃう、性欲トラップ~オンナ友達と、とりあえず一発ヤる技術特典付きリンクはこちら

恋愛マスター豪華特典はこちら




コメントを残す

このページの先頭へ